「ぶなの会1年生の徒然月記#1~ぶなの会の入り方~」

登山は2年生。
なんでもやりたがりのクロです。

山行の方ではM咲と書かれてるあの人です。

今日は、ぶなの会の入り方(適当に書くから、本気で入会希望の人はそっちのページ見てね!)を書いてみまーす

さて、

時は2020年7月。
私は仕事と遊びで北海道、小樽の地にきていた。

そこで偶然出会ったのはぶなの会のビックワン達一行。

山岳会なんて存在さえも知らなかった山初心者の私。
でもなぜか「ぶなの会」という名前だけが頭に残った。

そして時は過ぎ、同年9月。

好天続きで毎日のように登山していた私は、


普通の山登りに少し飽きがきていた。

「そろそろ本気でアルパインとかやりたいなぁ」
「でも一緒行ける人がいないんだよなぁ」
「ってかそもそも実力が追いついてないしなぁ…」

なんてモヤモヤしてた私の心に浮かんだのは、
あの時聞いた「ぶなの会」という言葉。

「そういえば調べてもいなかったな」
と思い、早速検索。

入会するためには、どうやら例会に2回以上参加した上で審査をパスしないといけないらしい…

ま、とりあえず例会出るか。
と軽い気持ちでzoom参加。

そこでは全く知らない山域の山行報告があがっていた。
(今思えば私が無知すぎたのもある)

どこの山域かさえわからないので(当時の記録の大半は沢登り)
報告が始まると同時に検索する。

すると大体の確率でぶなの人の記事がヒットする。

「ぶなの人って、メジャーなとこ行かないんかな?」

とか思いながら、
2回目の例会(集会場での開催)に参加し、

会報を読ませて頂いたり、
実際に会の方に話を聞いたり。

正直、分からない話の方が多かったけど
(すぐ知ったかぶりする人です、はい。)

友達のガイドさんの
「ぶなで30代過ごしたらすっごい充実するだろうなぁ。いいなぁ…」
という言葉に背中を押されて、
入ってみようと思った。

そして11月、
タイミングが悪かったのか入るまでに2ヶ月かかったけど
無事審査もパスして、今ここにいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※これから入ろうとしてる人へ。

ぶなの会に入るためには例会2回参加したあとに、
会の委員会の承認が必要です。

タイミングによっては例会2回参加してから入会まで1〜2ヶ月かかることも。

私みたいに焦って入会しようとか思わないよーに!

その2
ぶなは会員外の方とも普通に山行けます。
まだ会員じゃないし…とか思わないで入会前でもどんどん声かけましょう!

その3
「私みたいな初心者が入っても…」
とか考えてるそこのあなた。

山2年目で入会した人間がここにいます。
きっとあなたの方が山の先輩です。

あ、でもぶなでは私が先輩なので敬うよーに!笑

最後に。

「何をするか、よりも誰とやるか」

山も、
「どの山に登るか。以上に、誰と登るか」
はすごく重要だと思います。

特に命に関わる場面がある山行もこれからあるかもしれない。

そんな時、この人だったら任せられる。
と思えるか。
そう思われる人になれるのか。

ぶなに入っても、入らなくても、
命を預ける仲間。
だということを忘れないように。

と柄にもなく、
真面目で堅い文章でまとめてしまった。

というのも、
例会で聞いた会の方の
「会の人間の葬儀だったら絶対参加する」

その覚悟と信頼を感じる言葉に、
「そうか、そういう場所に足を踏み入れようとしているんだな私は」
と感じた初心を忘れないように備忘録として記しておきます。

クロ

関連記事

アーカイブ
TOP