「ぶなの会1年生の徒然月記#12~ドライツーリングはじめました~」

定期的に性別を間違えられるクロです。

レディースデーにジムに行ったのに、
通常価格を請求されたらなんて言えば良いんですか…

(大体のケースで声を聞いたら謝罪されます。笑)

黄昏れる背中は確かに中性的?

さてさて。
梅雨も終わりかけで暑くなってきましたね。

ということで、
「冷やし中華はじめました」

じゃなくて、

「ドライツーリングはじめました」

ロッククライミング
アイスクライミング
以上に競技人口が少なそうな(いや、確実に少ない)

ドライツーリングに手を出しはじめました。

早速ドライピックも使用中(借り物)

きっかけは最近仲良くしてもらってる会の先輩からのお誘い。

冬期クライミングでアックスを使っての壁の登攀が怖くて
ほとんどグローブで登っていたのを思い出し、

次シーズンまでにもう少しアックスを使いこなせるようになりたい。
という気持ちでとりあえず始めてみました。

そもそもドライツーリング(通称ドラツー)っていうのは、
アックスとアイゼンを用いて登るスポーツクライミングの一種。

アイスクライミングみたいにアックスの先端が刺さらないので、
ホールドに先端を引っ掛けて登るという恐怖の競技です。笑

実際ドラツーでは、ホールドからはがれたアックスが顔面に直撃して骨折する方が大勢いるとか…怖。

この傾斜ならそれも納得。実際はマットを引いてやります。

そんなドラツーはマイナーなので、できるとこが限られておりまして、
都内ですともっぱら新宿BETAさんにお世話になっております。

いつもありがとうございます。

ジムではさすがにアイゼンは履けないので
アックス&クライミングシューズで、ひたすら壁をトラバース。

ドラツーにしか存在しないホールドの使い方がいくつかあり、
上からひっかけたり、下から差し込んだり、左右に押し込んだり、横がけしたり…

ちょっとでも位置がずれるとスポッと抜けるので
高さはなくても常に恐怖と隣り合わせ。

先生曰く、
「なるべくアックスが顔の前にこないようにすること」

教えを守って頑張っているので、
今のところ顔に傷はできてません。

が、一度アックスを肩にかけたまま落下して首をちょん切るかと思いました。苦笑

怖い怖い連呼してるドラツーですが、
先輩はとっても優しく、
悩んだり、失敗したりするとアドバイスをたくさんくれます。

その結果、順調に課題をクリアできていて楽しいです。

リードが伸び悩んでる分、
ドラツーで伸びを感じてます。笑

やっぱ成長を実感できてる時ほど楽しいものはないですね。

この技術がどこに活きてくるのか、まだ先のことはわからないけど
冬に外でアックスを振り回すのが今から楽しみです。

しかしドラツーでしか使わない技術、フィギュア4が全くできません

無理無理、手がちぎれるって!!!

足場がないからって自分の足に足をかけるって、
ちょっと意味がわからなくないっすか。

鍛錬あるのみ、なんですかね。

ドラツー歴1ヶ月の成果動画はこちら。

関連記事

アーカイブ
TOP