山を遊び尽くそう!

沢登り、クライミング、雪稜、山スキーからキノコ狩り、温泉ハイクまで。ぶなの会は、ロープを使ったバリエーション登山を主体としたオールラウンドに活動する総合山岳会です。

Author Archive
鹿島槍ヶ岳 荒沢尾根 2017/3/18-20

鹿島槍ヶ岳 荒沢尾根 2017/3/18-20

メンバー:A久L、S津 1日目(快晴) スキー場Pに車を停め出発。大谷原で東尾根を見送り荒沢へ向かう。 好天予報の3連休とあり、多数のパーティが入山しているが鹿島槍北壁狙いのよう。 トレースは全て天狗尾根に続いていて、荒 […]
大仙丈ヶ岳 三峰川岳沢 2017/3/18-19

大仙丈ヶ岳 三峰川岳沢 2017/3/18-19

メンバー:I、O田、S口(会員外) 3/18 土 晴のち曇 前夜全員早退し前泊。4時に高遠で合流してS車を戸台にデポ、I車に乗り込んで入山ゲートへ。 M尾さんの情報どおり、長谷杉島集落のすぐ先にゲートがあって、ここからス […]
大源太山コブ岩尾根  2017/3/11-12

大源太山コブ岩尾根 2017/3/11-12

メンバー:M中L、K野、K松 3/11 あめ雪にてゆっくり流して清水集落除雪最終地点まで。林道をたどる。ラッセル先行の気概がやや控えめなふたりを焚きつけ引っ張りつつ 13:30 標高850m 丸ノ沢二俣へ。目視する限り、 […]
八ヶ岳 無名峰ルンゼ& 赤岳ショルダーリッジ右 2017/3/11-12

八ヶ岳 無名峰ルンゼ& 赤岳ショルダーリッジ右 2017/3/11-12

ぶなWinter Climbers Meeting企画、人一倍気合を入れて二本のルートにトライしました。 メンバー:I田、T内ま 日程: 3/11 八ヶ岳 無名峰ルンゼ 3/12 八ヶ岳 赤岳 ショルダーリッジ右 記録: […]
頸城 金山 2017/3/11-12

頸城 金山 2017/3/11-12

メンバー:S,Y田 天狗原山(というか金山)の報告です。 1900m付近で敗退して、フェイスをトラバースして戻りました。 しかし稜線付近はいい雪だったな…もったいない。   3/11 曇り時々風雪 土曜の予報があまり良く […]
赤沢山~白毛門 2017/3/11-12

赤沢山~白毛門 2017/3/11-12

メンバー L.S藤A、T山、S田、S藤H 数年越しに実現した計画! 白毛門までは誰もい~ない静かな渋いルート、雪しまっていると思っていたら、甘かった。 ラッセル大変でした。 そして、谷川連峰の大展望や、月明かり&雪明りの […]
戸隠P1尾根 2017/3/4-6

戸隠P1尾根 2017/3/4-6

3月4‐6日:戸隠西岳P1尾根(S津、S藤D介、L:H本) 3/4 7:20 上楠川公民館-9:30 天狗原13:30 熊の遊び場-17:10 無念の峰C1 3/5 6:40 無念の峰C-11:00 西岳第1峰?13:0 […]
川内山塊横断 五剣谷岳東尾根左稜 2017/3/1-6

川内山塊横断 五剣谷岳東尾根左稜 2017/3/1-6

・メンバー L: K野、M井 神保町の古本屋の一角に山積みされている岳人のバックナンバーを漁って、面白そうな山行記録を探すのが大学から帰るときの日課である。 大学4年の春、いつも通り漁っていると聞いたこともない記録を発見 […]
一ノ倉沢一ノ沢右壁左方ルンゼ 2017/3/5

一ノ倉沢一ノ沢右壁左方ルンゼ 2017/3/5

メンバー M中、K 0650ルンゼ基部-0830~0930F4~F5中退-1100一ノ倉沢出合(大休止・昼寝)     金曜日の+20cmが日曜日の一ノ沢では、こしまり雪の膝ラッセル 先週よりかなりき […]
戸台川 上ニゴリ沢&小百合沢、歌姫の宿  2017/3/4-5

戸台川 上ニゴリ沢&小百合沢、歌姫の宿 2017/3/4-5

[メンバー]L:N野、I嵐、T崎 3/4(土) 上ニゴリ沢 ・アプローチ 上ニゴリ沢を忠実に登っていくも、いっこうに滝が出てこない。 おかしいと思いトポを確認すると、『左の支沢に入る』とある すでに通り過ぎたと思ったが、 […]
八海山 生金尾根 2017/3/4-5

八海山 生金尾根 2017/3/4-5

メンバー:L A久、S見、K松 ルート :八海山 生金尾根(おいがねおね) ※八ツ峰縦走は割愛 タイム: 1日目  7:00 日大セミナーハウス出発 9:40尾根末端 16:40 終了点(アラチ沢右稜との合流点) 17: […]
宮城蔵王 濁川 不帰ノ滝 左壁 ブルーファング 2017/3/4-5

宮城蔵王 濁川 不帰ノ滝 左壁 ブルーファング 2017/3/4-5

メンバー:M藤L、H田 氷壁から引き離されたH田さんが宙を舞う。引き千切れたバイルが更に高く宙を舞い、滝壺に吸い込まれていく。これは悪夢か現か幻か。 そして、翌週のリベンジ山行。 緊張感は極限にある。   &n […]