小川山 ガマルート 2021/6/20

【メンバー】クロスケ(記)、N塚

ぶな新人女子2人でマルチピッチクライミングへ。

今回はパートナー組むのが初なので、アプローチもグレードも優しいガマルートに。


【報告】 

百岩には5P 5.8との記載だが、細かくピッチ切れるのでその限りではない。

中央に見えるのがガマルート

・1P 25m 5.8 (クロスケ)

ガマスラブのどこを登ってもいい模様。

難しくはないが最初のボルトまで10mほどあってビビる。

支点はボルトも木も豊富。

まだノープロテクション

・2P 15m 5.9 (N塚)

樹林帯を左上して次の岩場へ。

先ほどより傾斜があり、ルートの核心ピッチ。

カムがあるとより多めにプロテクションが取れそう。

ホールドが見当たらず焦る出だし部分

・3P 25m 5.8 (クロスケ)

探せば残置ハーケンが見つかるコーナーピッチ。

ルートがありすぎて悩む。

このあと右から周り込むので、回り込みやすそうな立木でピッチを切る。

基本ガバで快適

・4~5P 樹林帯の歩き

・6P ボルト0のピッチのため右の樹林帯から巻く

左側に5.9のルートもある。

・7P 5.7 35m (クロスケ)

視界が開けて気持ちのいいパート。ガバガバで快適。

スラブ側は特に支点がない
右のクラックを木で支点を取って登る
頂上も見え、景色もいい

・8P 20m 5.4 (N塚)

目の前の山頂までやや左に登って行く。

カムがあればいくつかルートが取れそう。

この辺りでロープのねじれがすごいことになっていた。

ロープがねじねじに

・おまけ9P 10m 5.7 (クロスケ)

面白そうだったのでスラブ状岩壁の頭に乗り上がることに。残置ハーケン2枚有。ほぼ垂壁だがいいところにホールドがある。

カムがあればクラックルート(といっても3mくらい)でも。

終了点でくつろぐクロスケ

・下降

スラブ状岩壁の頭の奥の立木に何本も残置ロープがあり、そこから懸垂下降。

途中テラスでピッチも切れるがそのまま下降。40mあれば1回で降りられる。

その後は岩の表側に向かって下山。歩いて10分ほどで取り付き箇所へ。

スラブらしいヒヤヒヤ感が楽しめ、適度な高度感もある好ルートでした。

関連記事

アーカイブ
TOP