メンバー:K池、I田、H田

瑞牆で初めてのエリアに行ってきましたので紹介も兼ねて報告します。
天鳥川北沢右岸スラブというエリアで、アプローチ30分と近いのが魅力のエリアです。

当日朝早出するも渋滞に巻き込まれ、瑞牆到着は11:00頃、アプローチが近そうということで、天鳥川北沢右岸スラブへ向かうことに。

アプローチは植樹祭エリアから末端壁方面に向かい、東屋から右に曲がり、天鳥川沿いに20分程でエリアに到着。全体的にコケコケであまり登られていない印象。
一部のルートは自然に還りかかっている。

腕ひしぎ逆十字固め5.10c
10mほどと短いが、前傾のフィンガー。色々なムーブを試しながら1人2-3本遊ぶ。練習には丁度いい。

ウエディング・ベル5.10b
K池さんが得意のオフィズスで軽々とオンサイト。あまり登られていないのか、パラパラと小粒の石がふってくる。ガバも多くて登りやすい印象。

知草5.10c
フィンガーとハンドの20m程のルート。下部のフィンガーパートが核心、大胆なムーブで距離を伸ばせる。トップローパーの二人はクラックにロープが挟まって難しかったそう。

これ以外にも「むすんでひらいて」5.8というルートがかなり登られているようです。

帰りに適当なボルダーで暗くなるまで遊ぶ。K池さんボルダーも強い!(H田さんも)

翌日は十一面岩末端壁に。アストロドーム5.11aはK池さんリード。スコーミッシュ帰りのK池さんの登りは安定している。
他はトップロープで遊ぶ。私は春うらうら5.11bをリードしようと思っていたが、取り付きでルートを見上げると完全に体が拒否反応、、出直しかと思っていたら、偶然居合わせた保科ガイド講習が春うららにトップロープを張ってくれたので講習生の後にありがたく使わせていただいた。

天鳥川北沢右岸スラブについて
エリアとしては、5.8~11bのルートなどグレード的に初級~中級という感じのエリアですが、特定のルートを除き、コケだらけで全く登られていなそうでした。
クラックの中も砂利っぽかったり、終了点も怪しい立木や古いスリングなど全体的にプロテクションに慎重になった方がいいでしょう。
より自然に近いクライミングができるとも言えます。短時間のアプローチで程よいグレードなのが魅力的ですね。


参考:
瑞牆本、下巻P232