[メンバー]

skialpinist、hatch、yone、三下(記録)、やじ、トラ、GOm、S田、ゆーき(お試し参加)、mafia(会員外)、sho(会員外)、kjm(会員外)、macky夫妻(会員外)

[報告]

Skialpinist主催の恒例のパウダーキャンプは、檜枝岐に場所を移して5回目の開催(通算16回目)。他会メンバーも交えての合同エキスパートキャンプを趣旨として、登って滑って飲んで食べて温泉に入って、とても贅沢な二日間でした!

 寡雪の影響は檜枝岐も同じで、当初は開催自体も心配されましたが、少し標高をあげればいつもと変わらず白銀の世界。直前で30cmの降雪もしっかりキープして、フタを開ければ粉雪三昧。檜枝岐のポテンシャルの高さを再認識できました。初日はガスや風もあって樹林帯まであげて数本滑走、日曜日は会津駒・三ツ岩の山頂まで往復しました。

 そして夜の宿での山行報告会も大盛り上がり。珠玉にして自慢のルートの数々の報告を聞くだけでも、参加した甲斐があったといものです。夜更けまで山スキー談議に花が咲きました。民宿のご飯も三ツ星クラス、とてもおいしかったです!

 今回は20~30代の若手のS田とゆーき(入会希望お試し)も参加。どちらも体力・度胸も抜群の有望株。御大以下の歴々のメンバーともパーティを組んで、とても勉強になったのではないでしょうか。登りや滑りはもちろんのこと、雪崩リスクに関する豊富な経験・知識を実地で勉強できるのも、パウダーキャンプならではですね。