1/2 雪
平湯スキー場~北尾根登山道~金山岩下~北北西の沢状2050mまで滑降~北尾根登り返し~スキー場下山。

フルラッセル。積雪1m~1.5m、雪は安定した軽いパウダー。現状でも滑れるがもう一降りでヤブも全てうまる。積雪は平年なみ。

1/3 晴れ
新穂高~槍平~飛騨沢~稜線~飛騨沢滑降~新穂高

前日まで雪が降ったと思ったが、槍方面は1/2の午後からは晴れた様子。槍平まで登山トレースがありでそれを辿る。槍平からは登山者はすべて大喰岳西尾根に向かうが、単独のスキーヤーが一人飛騨沢に入っておりそのトレースを追う。新穂4時~槍平9時半~稜線12時半。目的の大喰沢へと向かうが、天候が悪化し始める。時間も押しているので残念だが出戻りの飛騨沢を滑降することに。良く走るプチパウダー。正構造、周囲に雪崩跡なしの絶好のコンデション。その後往路を下山、新穂高16時半着。槍周辺の積雪は槍平で2mくらいでたぶん平年なみと思います。

2014 新春スキーツアー [未知へのシュプール]
 
 
1/4 小雪
乗鞍岳スキー場~剣が峰のコル~位ヶ原~スキー場

好天の予報のはずが、ガスと小雪。結局ピークまでいけず、東面を位ヶ原に滑降。雪はよかった。積雪は1mくらいで例年なみか。

1/5 晴れ
再度平湯から金山岩へ。今度は予定通り北東ルンゼ(ワサビ谷)を滑った。ルンゼ内にすばらしいパウダーが溜まってた。林道から平湯に下山。雪は安定していた。2010年1月半ばにも単独で滑降しているがそれよりは雪は若干すくなかった。ここは典型的なルンゼルートなので状況には細心の注意が必要になります。

2014 新春スキーツアー(続)[未知へのシュプール]
 
 
白馬エリアは破断面等がみられているようですが、南部は雪は平年なみでまだそれほ多くなく、ほぼ安定している様子でした。今週半ばの南岸低気圧でやや湿った雪が降るとまた条件が変わってくると思います。

槍日帰りは思いがけずトレースに助けられました。天気が複数日もてば槍平BCで計画するともっと楽しめると思います。

20140106141414169