[メンバー]
KL、他会員外2名
[行動経過(天候・タイム)]
4/14(土) 曇り
07:15 ゲート前発
08:20 十一面正面壁基部着
09:00 ベルジュエール登攀開始
16:30 ベルジュエール登攀終了 のち下降
17:40 十一面正面壁基部着
18:30  ゲート前着
[ルート概要]
末端壁までのアプローチに雪はなく、車から1時間強で正面壁基部に着。我々以外にクライマーはおらず、静かな雰囲気が心地が良い。岩のコンディションは良好だが、当日は気温が低すぎる為、所々つららあり。


1p目:5.11b 凹角ハング~フェース~スラブ
核心ピッチ。基本ボルトのプロテクション。ハング超えは#0.3がきまるフレークありセットしてムーブを起こす方が安心。登るラインが単純ではなく、ブラインドのキーホールド見つけれずオンサイト失敗。寒さで手はかじかみ、朝一には厳しいピッチ。
2p目:5.10a  ~ 3p目:5.7 スラブ~フェース
噂通りグレード以上に悪く感じるピッチ。ハング下のハーケンにプロテクション取るまで結構怖い。50mロープでも3P目までリンク可能。


4p目:5.9 ルンゼ状~クラック
一応ジャムの決まる土が詰まったクラックを右上し、途中から左壁に入るきれいなクラックを登る。下部は湯川のコークスクリューのようなワイドハンド気味のサイズで、上部はサムロックとシンハンドサイズ。
5p目:5.10a
ハイライトの大フレーク。下部はオフィズス。中間部で#4を決めたら空間側に身体を出してレイバック。思い切りは要るが、レイバック途中でも右壁のスタンス使って#5決められるのでランナウト必須ではない。ランナーは長くしないとロープ流れ悪くなる。ガスが出てきて風も強くなってきた。


6p目:5.8 チムニー
プロテクションは中間部のリングボルトのみ。膝と足をチムニーにスタックさせながら上部までずり上がる。上部のチョックストーン下に#1きめての乗り越すのが安心。ここでプロテクションとるとフォロービレーの時に岩角にロープがスタックしやすくなるので要注意。ランナー長めが良い。
7p目:ブッシュ歩き~チムニー~スラブ
8p目のT字クラック下のビレイ点まで伸ばす。ビレイ点手前のスラブはコーナーにフィンガージャム決めつつ登り意外に悪い。
8p目:5.10b T字クラック
トポ記載どおり「逆イの字」の方が適切に思える形状のクラック。下部はレイバック、上部は左上するハンドクラックで、ジャク豆の核心部を簡単にした感じのクラック。
9p目:リッジの歩き
特記事項なし。強風により体感温度はかなり低く、震えが止まらない。
10p目:5.8  クラック~スラブ
出だしが若干悪いが、しっかりフットジャムをきめてこなせば上部は問題なし。予想より時間かかって16:30に登攀終了、やはり3人だとスピードが上がらない。
頂上からの景観はガスガスで全く視界なく、寒いのでさっさと下山する。下降は瑞牆本に詳細に記載されているので、それ通りに忠実に下って正面壁基部着。デポした荷物をピックアップしゲート前へ下山、芯まで冷え切った身体を温泉で温め帰京した。