・T内H(記)、I藤K太、S津A子

原点に帰って久々のクラック。ジャミング、ナチュプロ、一から復習じゃー!ということで瑞牆と小川山へ行ってきました。

■9/13
この日は中央道渋滞のため岩場には昼頃到着。
岩場は空いていて、ほぼ貸切状態。我々は調和の幻想1P目を集中的に練習。Ⅰ藤君は隣のT&Tにもトライ。
懐電寸前に駐車場戻り。

★結果
調和の幻想1P目(5.9)
・Ⅰ藤、1回目でRP(2年位前に登ってる)
・T内、RP(20年位前に登ってる)
・S津、RP(十一面初見参でRPは立派)

T&T(5.10d)
・伊藤、×

■9/14
前日より人出多し。調和の幻想上部は順番待ちで取り付けず
ワイルドカントリー(5.10b、5.9)をやることにする。
T内最初に取り付くも、ランナウトトラバースにびびり敗退。

I藤に選手交代。I藤、正解ムーブで切り抜け1P目終了点へ。続いてS津フォローもトラバースで敗退。
T内、フォローでトラバース何とかこなしI藤と合流。

2P目はI藤リードで5.9のハンドへ。久々のハンギングビレイで 腰が痛てぇーー! I藤到着コールの後、T内フォローであげてもらう。

終了点から少し回りこんで調和のテラス上部から立ち木で懸垂。今日は移動もあるので早めに下山。

■9/15
小川山に転進。

八幡沢右岩壁クラックの名クラシック「さよなら百恵ちゃんルート」をやる。

しかし、時代を感じさせるネーミングですな、このルート名は。隣に友和ルートもあり、二本のクラックは上部で一つになっている。

1P目を三人交互にリード練習。その後三人でマルチへ。久々のマルチがとても新鮮!

★結果
さよなら百恵ちゃんルート
1P目(5.9)
・伊藤、OS
・竹内、FL
・嶋津、1テン(2テン??)
2P目(5.8)、3P目(5.7)
共にI藤リード。S津、T内フォロー。
最終ピッチの終了点から2回の懸垂で取り付きへ。

※竹内にとっては調和の幻想、さよなら百恵ちゃん、共に20数年前登ってるがまるっきりオンサイト気分!
いやーまったく新鮮、新鮮!!クライミングの原点に帰った気がした。

※実は核心は最後帰路だった。竹内レガシーが高速出口で突然停止。パニック寸前でなんとか路肩へ人力移動。そこからはレッカー車の出番。

検査結果は、オルタネーター(車の発電機)の寿命とのこと。即、修理工場行き。トホホ・・・。帰りは終電。皆さん、お疲れ様ー。