[メンバー] NG野(L)、M井

5/3(金)
6:00 上高地バスターミナル~10:00 槍沢ロッジ~14:40 槍ヶ岳山荘(テント泊)
5/4(土)
4:30 槍ヶ岳山荘~6:00 小槍~12:30 小槍懸垂点~17:50 槍ヶ岳山頂~18:30 槍ヶ岳山荘(テント泊)
5/5(日)
7:15 槍ヶ岳山荘~9:20 槍沢ロッジ~13:40 上高地バスターミナル

槍ヶ岳西稜は小槍から始まるのですが、小槍が難しいのなんの。
半分の時間をそこで費やしました。
天候は5/3から風が弱まるということで、5/3に入山、5/4に登攀しました。
これが正解で、小槍は日陰でヒンヤリしてるので、風がない日でよかったです。
小槍のあとは日も当たり気持ち良く登って山頂へ。
充実のルートでした。

・アプローチ
槍ヶ岳への登山道を少し登り、ルンゼを下ります。
少し下って、この辺かなと上がったところは、どうも違って、さらにさらにルンゼを下ってから、 適当なところを上がって、小槍の大テラスへ。
アプローチで結構時間をくってしまいました。

・小槍1ピッチ目(NG野)
右のスラブ状をバンドまで上がる。
凹角に入る出だしが核心かと思いきや、あれあれっと、足場が拾えてすんなり。
少し凹角を登って、右上に乗り移るところが実は核心。
どこに足場あるの?無理せずA0突破する。

・小槍2ピッチ目(M井)
フェースをくの字ジェードルの手前まで登ります。
易しいピッチのはずが、難しい。
先が思いやられる。

・小槍3ピッチ目(NG野)
くの字ジェードルの凹角は片足がすっぽり入るものの、左のスラブには足場が取れず、厳しい。
A0、テンション交じりで、なんとか突破。
すごい大変でした。
ハング下まで。

・小槍4ピッチ目(M井)
ハングを右から巻きます。
ずっと日陰でヒンヤリ寒かったけど、日が当たり、グレードもマイルドに。ほっ。
小槍のピークまで伸ばしますが、このピッチはまったく声が通りません。

・懸垂
曾孫槍のコルまで懸垂します。

・曾孫槍1ピッチ目(NG野)
簡単な岩稜帯を回り込んで行きます。

・曾孫槍2ピッチ目(M井)
さらに回り込むと孫槍の基部へ。
あれ、曾孫槍のピーク巻いちゃった。
振り返ると、曾孫槍は小さなピーク。

・孫槍1ピッチ目(NG野)
明るく広々としたフェースを弱点を拾いながら登って行きます。
快適なピッチです。
浮石にはちょい注意が必要。

・孫槍2ピッチ目(M井)
もう孫槍のピークは目前。
ルートに迷うが、左にハーケンが見えるのでいったんそちらへ。
覗くと凹角状になっており、それを登る。

・懸垂
15mほど懸垂。

・大槍1ピッチ目(NG野)
ちょっと上に立派なハンガーボルトのビレイステーションが見える。
なぜこんなところに?
でも、そっちには行かず、右のリッジへ上がる。
凹角状があり、たぶん登竜門?
ここはもう、登山道のすぐ隣。
凹角の中は浮石ばっかり。
アックスを延ばしてリップにひっかけたりして登る。
凹角を抜けて少し上がるとビレーしているM井君が見える。

・大槍2ピッチ目(M井)
もう山頂まで届きそう。
右は登山道で、どう考えても左回りで山頂へ。
難しいとこは無く、日が明るいうちに山頂へ。
あ~長かった~

カムはエイリアンとキャメロット#2まで持っていきました。
随所で使いました。