5/5 上高地〜涸沢〜奥穂高岳〜涸沢〜上高地

 5/5は上高地起点で日帰りでスキーに行けることになり、前日、前穂高岳から下山中に扇沢の様子をチェックしていた。まだ雪は繋がっているものの、通過は微妙そう。今回は安全策をとって涸沢から回って行くことにした。
 上高地から11kmあるいて横尾に運動靴をデポする。本谷橋までは雪が途切れる箇所が何箇所かあり、板は履けない。本谷橋から沢が埋まる。涸沢ヒュッテで大休止して水を汲んでいく。9時を回っており、これから登る登山者はほとんどいない。穂高岳山荘では県警の人が装備チェックをしていた。山頂にも県警の人が訓練か何かで来ていた。

直登ルンゼ

 昼ごろには小豆沢は雪が腐っていたのだが、稜線直下だけは雪が硬い。12:30山頂の祠の横で板を履き、ドロップ。稜線直下10mはクラスト、もう10mはモナカだ。こんなに暑い日中なのに風が通るから仕方ないのか。狭い急斜面でターン失敗できないため、横滑りするしかなかった。この20mの核心をこえたら雪質もまあまあになり、普通に滑れた。どんな雪でも対応できるように、スキーが上手くなりたい。腐った雪を滑ってあっという間に涸沢へ。ビールには寄らずに本谷橋まで滑ってしまった。消化試合で板を担いで長い林道を上高地まで歩いた。

奥穂高山頂と滑り出しの部分
滑り出し