[メンバー]

Lタイチ、フルケン、隊長

[岩場紹介]

●会津田島の岩場

・アプローチ

駐車場から徒歩0分!!

・岩場

凝灰岩で表面ザラついていてフリクションは良い。新しい岩場のためか時よりホールドが欠ける。

5.11~5.12台が多いが5.10台でも興味深い課題がある。ハングメインで少しバランシ-な課題もあり。

・参考文献

ROCK&SNOW No.78 P112

[ルート概要・特記事項]

今回はクライミングに真摯なフルケンさんと実は初めて?ご一緒するマミヲと。

当初は酒田の三崎海岸へ行こうとしたが、台風で空振りに。代わりに偶然見つけた会津田島の岩場向かった。

2015~2017年に開拓された新しい岩場。安達太良の胎内岩と対照的なのがアプローチだ。なんと駐車場の目の前に岩場がある。すぐ脇を国道が走り、のどかな風景の中でクライミングを楽しめる。

せもりな5.9

タイチはカンテオーバーハング(5.10a)フルケン、マミヲはせもりな(5.9)でアップ。

エネルギーがある内にタイチは山王丸(5.11)にトライ。内地でイレブン台はまだ登れていない。イレブン入門にサイコーのコメントと名前に惹かれた。

山王丸5.11

凹角からカンテに乗り込むセクションにムーブを悩んだ。ゆっくり息を整え、左足で掻き込み越える。しっかり両腕をレストし、薄被りフェースのガバを繋ぎながら落ち着いて登り、終了点のビナにロープをクリップ。

「あ、出来た!」一撃で完登。意外とあっさりOSグレードを更新。降りて2人とグータッチ。

フルケンはカンテオーバーハングに照準を差定めて、ムーブを固めながら何度もトライ。

カンテオーバーハング5.10a

その間タイチとマミヲで会津の風(5.11b)に触る。序盤のせり出したハングの処理が出来そうで出来ない。けど面白い。

核心のカンテ越えムーブを固めたフルケンも無事RP。

終盤はタイチが、うまし南郷トマト(5.10b/c)と渡辺フランケ(5.9)でダウン。

お腹一杯登った3人は塩原のみかえりの郷 彩花の湯で汗を流して帰京した。