山を遊び尽くそう!

沢登り、クライミング、雪稜、山スキーからキノコ狩り、温泉ハイクまで。ぶなの会は、ロープを使ったバリエーション登山を主体としたオールラウンドに活動する総合山岳会です。

Posts tagged "南東北"
宮城蔵王 濁川 不帰ノ滝 左壁 ブルーファング 2017/3/4-5

宮城蔵王 濁川 不帰ノ滝 左壁 ブルーファング 2017/3/4-5

メンバー:M藤L、H田 氷壁から引き離されたH田さんが宙を舞う。引き千切れたバイルが更に高く宙を舞い、滝壺に吸い込まれていく。これは悪夢か現か幻か。 そして、翌週のリベンジ山行。 緊張感は極限にある。   &n […]
中津川本流 2016/8/11-13

中津川本流 2016/8/11-13

メンバー:H本L、S津、S幡 8/11 中津川橋(入渓/8:00)-白滑八丁(8:30)-取水口(11:40)-観音滝(14:20)-1070m付近(C1/15:30) 8/12 C1(6:50)-神楽滝(8:00)-熊 […]
吾妻連峰 中津川本流 2014/7/26-27

吾妻連峰 中津川本流 2014/7/26-27

メンバー:H部、N井(他会) <7月26日> 7:00中津川レストハウス→13:30権現沢出合→15:30熊落滝前→17:00熊落滝上で幕営 前夜は満点の星空、この日も朝から快晴。強烈な日差しのもと入渓する。10分ほど歩 […]
黒伏山 南壁 中央ルンゼ 2014/7/12-13

黒伏山 南壁 中央ルンゼ 2014/7/12-13

H明です。お世話になります。 黒伏山・南壁の中央ルンゼに行って参りました。 メンバー:S藤H、O田、N野、M上 往復とも夜行バスでしたので、新宿で飲んで、天童で飲んで、下山後は山形で飲んでという有意義な山行でした。 初日 […]
蔵王 馬見ヶ崎川 八方沢 2014/7/5-6

蔵王 馬見ヶ崎川 八方沢 2014/7/5-6

メンバー:S口、KTR ■07.04(金)夜 前夜、東北道~山形道経由で山形蔵王ICで降り、蔵王ダムへ。 ■07.05(土) ごく弱い雨の降る中、8時半に出発。草の生い茂る林道から八方沢に入渓。 【F1-5m通過】 腰ま […]
二口山塊 名取川 大行沢 2014/5/24

二口山塊 名取川 大行沢 2014/5/24

H部です。 デート沢として名高い名取川大行沢へ行ってきました。(ひとりで) 沢はじめのつもりでしたがなんちゃって雪渓処理もあって楽しめました。 <5月24日> 7:45登山口→8:30入渓→10:15樋の沢避難小屋→11 […]
蔵王仙人沢&仙台二口渓谷 2014/3/1-3

蔵王仙人沢&仙台二口渓谷 2014/3/1-3

メンバー: S原L、他会3名 3/1(土) 蔵王仙人沢アイスガーデン 前夜21:00東京発~仮泊~7:30蔵王ライザスキー場8:30~リフト上8:55~9:15仙人沢~アイスガーデンでクライミング~17:20スキー場~仙 […]
宮城蔵王 濁川 不帰ノ滝 左壁 ブルーファング 2014/3/1-2

宮城蔵王 濁川 不帰ノ滝 左壁 ブルーファング 2014/3/1-2

メンバー:S藤、M上(会員外) 3/01(土) 澄川スキー場~蔵王エコーライン~駒草平にテント 3/02(日) ブルーファング登攀 夜行バスで仙台へ。遠刈田温泉に入ってから、澄川スキー場へ、先週の敗退を糧に考案したスペシ […]
山形蔵王 仙人沢・瀧山滝 2014/2/22-23

山形蔵王 仙人沢・瀧山滝 2014/2/22-23

メンバー:Y川、M田、(他会)Oさん、Yさん、他東北メンバー 2/22 山形蔵王 仙人沢アイスガーデン 2/23 山形瀧山 不動滝 1日目 東北道・一般道共に雪の影響無し。蔵王ライザワールドスキー場駐車場集合。東北メンバ […]
吾妻 前川大滝沢 2013/8/2

吾妻 前川大滝沢 2013/8/2

メンバー:M中L、H、Y嶋、F田 0705入渓-0805大滝下0830-0855高捲き終了-1320登山道交差点遡行終了-1445滑川温泉下山 車で峠の駅江川まで移動し前夜泊。峠の駅江川は広く大きな駅舎で自パーティのほか […]
吾妻松川(野湯探し) 2011/8/20-21

吾妻松川(野湯探し) 2011/8/20-21

■メンバー LS津A子、A久T也、H部C尋(S津記) 去年、他の山行記録を探している時見つけた松川の記録。 テンバで温泉!これは行かねば。 でも、泳ぎが不得意な私はどうするか・・・ 「面白そうな沢が有るよ」と去年の内にA […]
吾妻連峰 中津川渓谷 2010/7/17-19

吾妻連峰 中津川渓谷 2010/7/17-19

吾妻中津川は、通常白滑八丁から遡行を開始し、藤十郎へ抜けるルートが紹介されます。 今回は、最下流の秋元湖湖畔から遡行を開始し、あまり遡行対象とされない黒滑八丁も含め、かつ、西吾妻方面へ本流を忠実に詰める計画としました。 […]