メンバー:H部、N井(他会)

<7月26日>
7:00中津川レストハウス→13:30権現沢出合→15:30熊落滝前→17:00熊落滝上で幕営
前夜は満点の星空、この日も朝から快晴。強烈な日差しのもと入渓する。10分ほど歩くと白滑八丁。延々と続く滑床を慎重にへつり、時には壁走りも交えて遡行する。

20140726-GR248745_R
今回はふたりともゴム底の靴だったのでサクサク進んだが、フェルトだと少し苦労するかも知れない。特に問題もないまま東電の取水堰に到着。沢はここから巨岩帯の連続に変わり、遡行ペースも少し鈍る。

20140726-GR248753_R
20140726-GR248766_R
権現沢出合からは滝の連続する地形。神楽滝は左岸尾根沿いに明瞭な踏み跡があったのでそれを利用したが、際限なく上に追い上げられそうなので適当なところからトラバース。

20140726-GR248772_R
ルンゼを利用して夫婦滝手前に降り立った。夫婦滝と静滝をサクッと登るといよいよ核心の熊落滝。

20140726-GR248782_R
沢は直角に曲がり、半円状に抉られた空間の奥はさらなる大滝を示唆している。100mほど手前の尾根筋から高度を上げ、踏み跡が不明瞭になったあたりからトラバースを開始。タイミングよく懸垂ポイントを発見したので2Pで落口付近に降り立つ。落口付近に幕営適地があるということだったが発見できず、左岸平地を少し土木工事してテン場とした。

<7月27日>
5:00幕営地→7:00朱滝上→11:30登山道→13:00西大巓→14:00グランデコスキー場
朝からまるで夕暮れ時のような暗さ。いつ降り始めてもおかしくないので早めに行動を開始する。
テン場から30分弱で朱滝に到着。赤茶けた岩壁に60mの高さから落ちてくる姿は見事だ。

20140727-GR248786_R
この辺りでついに雨が降り始める。地形からして増水は早くないだろうが、行動を急ぐ。左岸を100m弱あがってから薄いヤブをトラバースしていくと、懸垂なしで落ち口近くに降りることが出来た。ヤケノママから先は特に問題になるようなところもないが、雨は土砂降りに。おまけに風も強くなってきてかなり寒い。最近の豪雨の影響か、途中大規模な土砂崩れで渓相が荒れていた。最後は本流筋を詰めて少しヤブを漕いで登山道へ。雨のせいで沢と化した道を下山してグランデコに降り、タクシーでクルマを回収した。土湯温泉で風呂に入って仙台で牛たんを食べて解散。

<感想など>
・吾妻全体に言えることですが山肌が脆い。巻きは比較的容易だが落石や不安定な足場に要注意。
・白滑八丁を含め意外とヌメるところがあります。
・魚影は朱滝上でも確認。
・グランデコのロープウェイは16:00終了。片道1080円。
・グランデコ~中津川レストハウスのタクシーは約5000円、25分程度の所要時間です。

4年前にM中・H光パーティーが秋元湖から完全遡行していますが、良いルートでした!
途中出てくる大滝は脆く垂直なので登れないですね。巻きが楽しい古典的な名ルートという感想です。
久しぶりに後輩と登れたのも楽しかったです。
(H部)