T城です

.

神奈川の片田舎に住む私にとって、富士山は丹沢や箱根に次いで自宅近くからもよく見えるほぼ地元の山。これまでに徒歩・スキーで数回登っており、今回で4回目になる。今回はまだ登ったことのない富士宮口から雪山納めを兼ねて登ってみることにした。

.

.

【メンバー】T城

.

【行動時間】

5:30 富士宮口出発(2400m)〜8:30 8合目(3200m)〜10:00 富士宮口山頂(3700m)

10:20 剣ヶ峰山頂(3776m)〜12:00 富士宮口帰着

.

富士宮口駐車場(2400m)で高度順化のため前泊。翌朝5:30に歩行開始。天気は晴れ!南面だし雪はないかもと思って登り始めると、案の定夏道が全部出ていて雪はない。ところどころ谷には雪が詰まっているが、とりあえず夏道を行く。本邦第2の高峰北岳(3193m)の高度を超える8合目(3200m)付近から、にわかに息苦しくなる。やはり酸素が薄いのか?

.

 

.

次第にガスに包まれて山頂に達する頃、一気にガスが晴れて山頂の大展望を満喫。頂上剣ヶ峰(3776m)の観測櫓に登れば、はるか南アルプスも我が物。ああ、赤石岳に行きたい。下りは谷に詰まった雪面をグリセードと尻セードであっという間に登山口に帰着。ヒヤリハットとしてはグリセードに失敗して2回前方宙返りをしたことと、尻セードをやりすぎて雨具のお尻に穴があいたことか。何事も過ぎたるはよろしくないらしい。近くて良い山富士山、この時期の雪面は程度に締まりスプーンカットにもなっていないことから、意外と雪訓には良いかもしれない。

.

 

.

(T城)

.