メンバー: S原L、(他会)I原、Y内、Y谷

2/1(土)
前夜上田市内で仮泊~8:00 峰の原スキー場~9:30大谷不動前~左岩壁エリア~右側壁ルート登攀~不動前(テン泊)

動き始めたスキー場を後に林間のアプローチ。今回は輪かんを着けて、ラッセルの足取りも軽い。尾根を下る頃に氷瀑群が見え始め、期待に胸が弾む。

まず左岩壁エリアに向かうが、狙いの左ルート VI には陽が当たり始め、しゃばしゃばで登れそうにない。中央ルートの核心 F2のペンシル状氷柱は崩壊したままだし、右ルートの F2も氷柱が切れている。春を思わせる陽気は快適だが、アイスには不向きだ。右岩壁の氷柱は発達、左側壁上部の崩落した氷柱もだいぶ回復してきたが、登るにはまだ薄い。

というわけで右側壁 50m V+ に取り付く。岩からの染み出しで、淡褐色~緑色に染まっているが見栄えがする。ここはI原さんリード、出だしと最後でそれぞれ垂直に近いが、氷質は安定している。Y内さんが後続でリード。それぞれ登った後は、静かなテン場でゆっくり夕食を楽しんだ。

P1030604

2/2(日)
630不動前発~不動前の滝登攀~不動前~1430峰の原スキー場

日曜は降雨予報だったが、夜間は星が見えていた。朝になって小雨がぱらついたが、その後は晴れて春山の陽気。左岩壁の氷の融解が進みそうだ。

P1030628
15分ほど遊歩道を進んで不動前の滝 50m V+ へ。4人で登る。S原は左手凹角から上部のかぶり気味の凹角を直登、I原さんが正面カンテ状から上部も中央のカンテ状、Y内さんは多少傾斜の緩い右手から、とそれぞれルートを選んでリード。Y谷さんも初の V級リードに緊張するが、ノーテンションでクリア。さすがフリーで鍛えた底力だ。

テントに戻って撤収していると、不動尊の屋根に積もった厚い雪が陽気で緩み、目の前で次々と崩落し始めた。お堂の脇にはトイレがあり、うっかり歩いていれば危ないところだった。

P1030665
I原さんの紹介で、先週からYくらぶの二人と行動を共にしてきたが、技術、体力、モチベーションの揃った面白い混成チームができあがった。この後も協力して、より高い目標を目指すことを申し合わせ、初夏を思わせる日差しのスキー場を後にした。