メンバー:T内、M尾、F川(会員外)

9/13晴れ
扇沢の無料駐車場は一杯。仕方なく上の有料駐車場へ。しかし、ここもあと少しで満車状態。なんとか駐車スペースを確保し駐車。
7時の臨時でトロリーバス乗車。室堂着9時頃。
室堂は大勢の登山者、観光客で賑わう。長居は無用なのでパッキングもそこそこに歩き出す。雷鳥沢キャンプ場も別山乗越も休憩わずかで、剣沢キャンプ場へ。広いキャンプ場はとりあえず、まだまだ場所は選択の余地あり。よりよい場所を探してテント設営。
落ち着いた後は、山田ガイドパーティと早々の外宴会。情報交換&ここだけの話で盛り上がる。が、しかし、見てると後から後から来るは来るは!これでもか!って位の登山者で剣沢のキャンプ場は一張の余地もない位のテントで埋め尽くされる。(500張近くあったそうです!)

9/14晴れ
2時過ぎから周りは騒々しい。我々は起床3時半。出発5時発とした。
ほぼ予定どおり。剣沢は軽アイゼンをつけて下る。テンバから40分位で取り付き着。取り付きには男女ペア1組がアイゼンを脱いでハーネス等の準備をしている。我々も同じように準備。ちょっとだけ早かったので先行する。

10403361_450524281757417_25010284207701413_n
取付きからは樹林の草付き交じりの急登。すぐ先行に追いつく。最初の岩場で難航している模様。3~4mのフィックスはあるが登りにくい露岩。ロープを出している。そのあとの2人パーティも苦労している。我々はお助けで抜ける。

1458639_450525375090641_5095788189450027856_n
その後も樹林の中の急登は続く。ほどなく次の岩場。先行がまたしても大勢で待機中。なかなか進まない。聞くと、さらにその先のパーティの女性が「落ちた!」との情報。
樹林の中でその先の様子をうかがうにも埒があかない。先行者の情報だけが頼り。
少し待って、先行パーティの上部からその女性を引き上げるために時間がかかっている、との情報。先の様子を見たいが岩場なので前に行けない。そうやっている間にもどんどん後続パーティがやってくる。待つこと1時間位。やっと、先が空く。女性が落ちた現場にはそのパーティがいた。7~8mの岩場。傾斜がきつく無事で済んだのが奇跡的。
引き上げが済んで全員、茫然自失状態。後続パーティが落ち着いたら下る、とのこと。
我々もロープを出して抜ける。少し進むとようやく樹林を抜け岩稜交じりの尾根らしくなる。
歩みは遅いが休憩もそこそこに歩を進める。M尾さんのブーイングはあったが先行をどんどん抜く。

10639383_450525511757294_6412634863596400752_n
そのおかげでⅡ峰の懸垂ポイントにはこの日2番手か3番手で取り付けた。
懸垂を終えるとあとはひたすら歩くだけ。1時間弱で待望の剣山頂~!!
下りも横ばいで1時間程渋滞あったが思った以上に早くテンバに戻る。
この日も山田ガイドパーティと互いの情報交換しつつ、外宴会~!

10685379_450526248423887_6113165972303218674_n
9/15曇り
帰りの渋滞を避けるべく早めに起きてテンバを発つ。
休みなく歩き続け室堂8:15発。連絡もよく扇沢9:20着!
薬師の湯経由で途中若干の渋滞に巻き込まれつつも3時過ぎ
東京帰還!
(T内)