「ぶなの会1年生の徒然月記#10~いざ、アルパインへ~」

手を出すのが早ければ、
口を挟むのも早い。

けど登るのは…(ちょっと?いやかなり??)遅い。

どうも、実力と山行が見合ってない気がするクロです。

1度穴に入ったら出てこられず時間だけが流れるの図

なんと!
このシリーズもついに2桁まできました!

会報係とかもやってるのに、
ブログも頑張る私、会の貢献率高くないですか。笑
(自分で言っちゃう人)

さてさて、
だいぶ雪も氷もなくなってきて、

唐突に、アルパインのシーズンがきました。

会に入る前から、
漠然と「アルパインクライミング」
に対する憧れが強かった私。

いざ、向かった初アルパインは、

「え。これどこ登るの?」
「落ちたらアウトな本気のやつじゃん」

という言葉が思わず口から出る始末。

心の中で「やばいやばいやばい」と言いながら這い上がる

いや、それがアルパインですよ?

事前にジムであぶみ練習とかして頂いたにも関わらず、

初めてのアルパインでわからないことも多く、

ピナクルってなんですか?
リッジってなんですか?
ルンゼ?フレーク?フレア?

知らない単語が飛び交う現場でした。
(全部聞きました。)

まだ持ってない道具ばかりなので、
「これどうやって使うんですか?」
とその場で教えを乞うプロテクションの類もあったり。
(基本の基くらいはもちろんわかるけど)

取りつく岩の脆さや、支点の乏しさ。
より簡単なラインを見つけ出すためのルートファインディング能力。

岩が脆すぎて泣きそうな後ろ姿

まさしくクライミングの総合力が試されます。

いや、総合力も何も
経験値ほぼ0、レベル1の人間にどんな総合力があるというのか…

(あるのはサッカー歴10年で培ってきた運動神経だけ)

まぁ、なんだかんだ「怖い怖い」言いながらも、
大概ノーテンションだったり、エイドなしで行けることの方が多いので
(※5.9以下の優しいルートに限る)

多分、実力には見合っているルートなんでしょう。
(冒頭と言ってることが違うとか言わないで)

だとしても5m以上のランナウト、
1個下の支点に対する信頼感のなさ。
からくる、

「絶対に、絶対に!!落ちられない…!!!」

感は、たまりません。
これぞ、アルパインって感じ。

…とはいえ、
落ちる時は、人は当たり前に落ちることをよく知っている私。

無理だと思ったら、大人しくエイドすることも必要だと学びました。

まだまだ余裕のあるクライミングはできてないですが、
(夢中すぎて登った途端にその記憶が飛んでる)

こういうのは数も大事だと思うので、
たくさんアルパインとかマルチピッチとか、
長い登攀しに行きたいです。

(死なない程度にね。苦笑)

関連記事

アーカイブ
TOP