メンバー:K池M砂美(単独)
ルート: 東谷山~日白山~タカマタギ~土樽

3/19(月) 9:00頃二居バス亭着>9:15 取り付き>10:30稜線>13:00東谷山>14:35日白山コル (幕営)
3/20(火) 6:55出発>8:10タカマタギ>8:50棒立山>9:35滑走開始>10:25 1040P>11:20毛渡橋

<コメント>
3/19(月)終日雪
取り付きは、胸ラッセルだった1月末と違い、沈まずシールもよく効いて登りやすい。
二居峠に向かい詰め上がったら最後はセッピになり、少し探してセッピの無い場所から尾根にのった。
東谷山までは強風でガリガリ。すぐクトーをつける。途中少し細い場所があり、慎重に通過。やがて公園のように広い尾根になる。
東谷山の山頂では全く視界が無く、日白山方面に続く尾根にあやうく乗り損ねるところだった。
幕営地に決めていた日白山の手前のコルに着いたので、少し早いが行動を終了する。
明日もこんなに視界が悪ければエスケープルートから下山しよう。初めてツエルトを張ったら結構苦労し、ごっつあんですという気分に。

3/20(火)快晴>曇り
思いがけず快晴。慌てて出発する。がりがりの斜面に新雪が15cmほどのっているが、新雪に粘りがあり、またルートの大部分は斜度が緩いのでそれほど苦労しない。
樹氷の間を兎のトレースを追って進むのはとても楽しい。タカマタギから棒立山までは少し細くなる。
棒立山では大休止をとってパノラマを満喫。1040Pに向けていよいよ滑走。雪は少し重く、所々がりがり。
出だしは広めで快適だが、途中藪っぽい箇所も。
やはり東側にセッピっぽくなっているので、1040Pから支尾根には北側から回りこんでのった。
道中誰にも会わなかったが、毛渡橋まできたら山スキーヤーが沢山いた。

久々の単独で緊張したが、じっくりルーファイができてよかった。
全て尾根ルートなのでピットチェックは行わなかったが、雪はおおむね安定していたと思う。