○山域・飯山・鍋倉山 (温井集落除雪終了地点から往復)

○メンバー
LS山M彦、T尾、K田、H本

○行動概要
05:30 韮崎出発
06:00 小渕沢道の駅 T尾合流(以後はサーフ1台で)
08:10 除雪地点へ到着 08:50 出発
11:30 鍋倉山山頂
12:30 駐車地点へ戻り
15:00 小淵沢 15:30 韮崎戻り 解散

12

<コメント>
・朝5時半に家を出てから午後3時半帰宅、案外近いエリアだった。
・天気は終日小雪~曇りだったが、評判通りのパウダーを楽しめた。
・山頂手前でピットテストを実施、40cm下に顕著な氷層があったが、結合状態は良好で雪崩の不安はないことは確認できた。ただ山頂はホワイトアウトに近い視界のため、登りのトレースに沿って、尾根を下ることにした。

13題

・下山したらは20台以上の車が停まっていたが、先頭から2番手で、ぶなのパウダーの斜面に・雄叫びを残して楽しめた。

・動画撮影会をやりながら30分で鍋倉高原に滑降終了、まだお昼。
登り返してもう1本?という話も出たが今回はT尾の復帰戦だったし、まだ早い時間だったけど帰路に就いた。

・ぶなのパウダー?と聞けば、アルペンじゃなくて、自分の場合はテレ。
2年ぶりの滑降がいきなり山頂からになったけど、やっぱりこの斜面はテレマークが最高、久々に浮遊感を楽しめた。ディアミールの重いアルペン道具に慣れた身には、テレマークが軽くて気持ちよかった。