北岳バットレス Hidden Gully 滑走 2022/4/9-10

北岳バットレス「Hidden Gully」
ついに北岳バットレスを滑れました。
三浦さんが難攻不落の岩壁に見出した唯一の合理的なライン、日本のスティープルートの金字塔。
可能性を信じ、スキーと己の技術を武器に深く切れ込んだガリーに飛び込んだ事は今もなお驚異的です。
同じ山岳会の仲間として絶対にトレースしたかったラインです。本当に嬉しい。(H部)

■4月9日(土)快晴
広河原からしばらくは夏道を歩き、残った雪を拾って1900mあたりからシール歩行を開始する。沢沿いの行動は難しいので夏道を辿るが、藪が多く閉口した。二股〜白根御池の間も藪が多い。
10時前には白根御池小屋に到着し、英気を養う。

■4月10日(日)快晴
0305白根御池小屋→0400二股→0630肩の小屋→0740北岳/0820滑走開始→0920二股/1000→1200広河原
二股に荷物をデポして大樺沢右俣を詰める。気温が高く、夜明け前から雪はグズつき気味。できるだけ急ぎたいところだが山頂についたのは8時前だった。

DPからガリーを覗くが、技術的には何とか対応できそうなレベル。それでも地形的なリスクは非常に高いのでプレッシャーは凄まじい。
意を決してガリーに飛び込み、慎重にターンを繋ぐ。ここでの転倒は絶対に許されない。
核心部の氷瀑は記録通りにクライムダウン。早い時期なら滑れるかもしれない。

滑走開始から1時間後、ガリーを抜けて大樺沢へ合流。緊張から開放されて自然と雄叫びが出る。自分の山スキー人生の中でも忘れられない1本になった。

ぶなの会

ぶなの会

労山(日本勤労者山岳連盟)加盟 ぶなの会の公式HPです。

関連記事

アーカイブ
TOP