【メンバー】
K野L、N村

【行程】

6/24(日) 快晴
06:00駐車場
07:20ウメコバ出合通過
08:10ウメコバ出合
09:40取りつき
15:00中央岩峰頭
16:15取りつき
16:45ウメコバ出合
18:30駐車場

今回は20代真っ盛りのコンビで梅雨の隙間を狙い、天気が持つ足尾に出掛けた。「山登る以外にもやる事沢山あるでしょ。」と度々聞こえてくるが、今の所この遊びがしっくりきている。取り分け2人ともマイナーエリア志向なので探究心が尽きない限り山での青春は続きそうだ。


駐車場から一時間半弱でウメコバ出合に着くも、誤ってスルーして時間をロス。出合は見映えのするゴルジュ様。
ウメコバからルート取付までの所要時間は15分ほどだが、これを見つけられずまたしてもスルー。大きく時間をロス。K野がどうにか取付を探し当ててくれた。
なお、増水していなければ取付まで足元を濡らさず辿り着ける。
予想していたよりはるかに暑く、水を汲み直して登攀開始。

1P:35m Ⅲ+(K野)
スラブを右の浅いクラックに沿って登りリッジへ。
スラブ上で左に行くか右に行くか悩んでいたが、ロープの流れを考え左を選択。

2p:45m Ⅲ(N村)
ブッシュ交じりのリッジ。立ち木でビレイ。沢屋のN村はランナーをほぼ立ち木で取りで取り、岩屋のK野はカムやナッツで取るという職業差を垣間見れた。
スリングを伸ばしてランナーを取ってはいたが、屈曲していたのかロープが重くなってしまった。

3P:25m Ⅲ(K野)
短いフェースを登った後リッジを辿る。トポでは5P目で出てきていたクラックが早くも現れ、その手前でピッチを切る。

4P:20m Ⅴ(K野)
垂直のクラック。所々ガバやスタンスがあるが、クラック上部がシンハンドで効きが甘い。越えた先のテラスまで。
所々に残置ハーケンがあるが、基本ナチュプロでランナーをとる。
これをプロテクションを取りながらリードするにはまだまだ修行が必要そう。
K野はすごく楽しかったと言っていた。


5P:40m Ⅳ(N村)
薄かぶりの5mの凹角を越えた後簡単な岩稜を辿る。短い区間に3本の残置ハーケンあり。立ち木でビレイ。
下山後に記録を調べたところ、通常凹角を左に回り込んで垂壁を登るとのこと。自分も最初はそうしようと思ったが、高度感にびびって凹角直上を選択。
甘いガバで体を持ち上げ、手探りでホールドを繋ぐ。ホールドを探してはクライムダウン、レストを繰り返したせいで時間を多量に使ってしまい反省。
K野はあっという間に上がってきた。

6P:55m Ⅲ(K野)
階段状の岩場、途中ビレイヤーに動いて貰いレッジでピッチを切る。途中ロープが足りなくなりビレイヤーに少し移動してもらう。
非常に快適なピッチ。

7P:30m Ⅱ(N村)
簡単な岩稜を辿り、頭のピナクルでビレイ。ランナー、ビレイ点は取り放題。

【下降】
しばらくFIXロープを辿り、残置支点を利用して1ピッチ30mほどの懸垂。その後歩いてガレたルンゼを下降する。


【K野 感想】
去年から気になっていたウメコバの岩場。予報に反し、肌がヒリヒリする程晴れて登攀日和となった。
ここはどのルートも残置がほぼ無く、人工物に頼らない本来の山岳登攀が楽しめる。人によってピッチの切り方は様々だろう。それだけ自由に登攀出来ることに幸せを感じた。
初見の山域での取りつき迄やクライミング中等諸々のルーファイが課題になったので、克服してまたこの地を訪れたい。

【N村 感想】
3年ぶり、人生3度目のマルチピッチ。高いところが怖くて長期間外岩を避けてきたが、久しぶりすぎて期待感がはるかに勝った。
雨天予報から一転快晴に。とはいえ前日それなりに降ったはずなので岩は濡れているかと思ったが、完全に乾いていた。来て良かった。
ほとんど外岩に行ったことがないせいもあり、両岸に岩壁がぶっ立った日本離れした景色には興奮した。岩は十分に安定しているし(比 黒伏山)、人気も少ない。すっかりお気に入りの場所になった。
ウメコバ出合には良い幕場もあり、マルチピッチだけでなくやアイスもできる。ここで集中したら楽しいのではないかと思った。
反省すべき点は今回も多々あった。また今回はうまい具合に良い支点があったが、流動分散、固定分散でも素早く支点をつくれるように練習していきたい。
高いところを必要以上に怖がってしまう性格は克服したい。


経験の浅い新人に声をかけてくださったK野さん、ありがとうございました。