[メンバー]
L K野、F河、N野、N村、A堀 

[行動経過(天候・タイム)]
2/2(土) 晴れ後曇り
 07:30 毛渡橋除雪地点
 09:30 群馬大ヒュッテ(北尾根取り付き)
 14:30 1400m(BC) K野、N村偵察
 17:00 夕食
 20:30 就寝
2/3(日)快晴、時より風強い
 03:45 起床
 06:30 BC 
 08:00 シッケイノ頭
 09:30-10:00 仙ノ倉山山頂
 11:15 BC撤収
 12:40 1400m
 13:40 群馬大ヒュッテ 
 17:00 毛渡橋
------------------------------------------------------------
[ルート概要・特記事項]
■2/2(土)毛渡橋~群大ヒュッテ~1400m(BC)
除雪ステーションで快適な前泊を堪能し毛渡橋除雪地点から歩き出し。
既にトレースがついていてタカマタギ方面と毛渡沢方面の分岐でワカン
を装着。
依然としてスキーのトレースがあり、平地ラッセルは大分時間が巻けそうだ。
北尾根の取り付きからようやくノートレースなので、
今回の主役であるFケンさんにヴァージンスノーを譲った。
が、尾根に取り付かずスキートレースを追って巻きながら登ろうしている。

「男は黙って直登だ!!」

ラッセルは膝から所により股下まで。湿雪で絞まっている雪でラッセル
しやすい。
A堀くんは人生2回目のラッセルで、傾斜のきつい箇所で苦戦していた。
慣れてくると覚醒したかの様にひたすらノンストップラッセル。
その背中は頼もしかった。
目標であった1400mのテン場に無事到着。K野、N村で上部偵察。

森林限界越えるとモナカ雪で深いラッセルは無さそうだ。
夜はA堀鍋を皆でたらふく食べた。


■2/3(日)BC ~仙ノ倉山~BC(撤収)~毛渡橋
明るくなる頃に合わせて出発。ワカンの出番はなく、アイゼンで
テンポよく登る。
シッケイノ頭に着く頃に日が登り、仙ノ倉のクリーム状の波打った斜面が
美しい。
山頂へ続く平坦な道はまるで別の惑星にでもいるような気分になる。
上部は予測通り風の通り道でモナカ雪になっていた。
歩きづらい部分は平成組でトレースを付け山頂でお出迎え。
昼前にはテン場に戻り、皆でせっせとラッセルした尾根を1時間程で下る。
退屈な林道歩きをこなし、いつもの温泉へ向かった。