[メンバー] NG野(L)、とのさん

2/1 有明山表参道~妙見沢F1・F2~同ルート下降~有明山表参道
2/2 乙女渓谷キャンプ場~小秀山夫婦滝(退散)~(移動)濁河温泉 はもずしエリア

暖冬でも氷は無いものかと、遠出してきました。

■2/1 北ア 有明山 妙見沢
土曜は有明山へ。
あまり人が入らない様子で、氷はあったけど、トレースはなく、アプローチはツライところでした。
妙見沢F1・F2はいずれも20m級の氷瀑だけど、垂直なのは下部の6メートルくらいで、あとは傾斜も緩み、雪のたっぷり乗ったこんもりした氷を乗っ越す感じです。
登り応えのあるアイスではないけど、誰も居ないので静かに楽しめました。
妙見沢より手前の登山道側壁にずいぶん立派な氷瀑も垂れてたけど、時間もなかったし、トライせず。

有明山の表参道登山口までは通行止めで30分くらい歩きます。
登山ポストもあります。この日、入山は我々だけと思われます。
マーキング、赤テープなど、しっかり整備されてます。
側壁にあった氷瀑。なかなか立派です。
角度を変えて、側壁にあった氷瀑。抜け口が怖そう。
トレース無く、大変でした。
妙見沢F1。でかい。
妙見沢F1の下部の垂直部。凍ってます。
妙見沢F1垂直部を抜けると穴などあって、左右ライン取りして抜けました。
妙見沢F2。下部が数メートル垂直で、あとは緩んで、たんまりの雪。
妙見沢F2。乗越のプチハング。ハング下は氷薄くて、上は雪が乗ってるやっかいな感じ。
妙見沢F3。短いながらも氷が垂れてます。この上まで行って引き返しました。

■2/2 小秀山の夫婦滝(退散)、濁河温泉 はもずしエリア
日曜は大移動して小秀山の夫婦滝へ。
雪のほとんどない遊歩道を1時間ほどで着きます。
男滝は、しっかりとした水流、貧弱なカリフラワー、寡雪による取付きまでの岩登り、即退散しました。
またまた大移動して濁河温泉へ。
はもずしエリアは凍っているという話なので、行ってみると大盛況。
空いてるところで少し遊んでから、熱々温泉に入って帰路につきました。

小秀山のよく整備された遊歩道を1時間ほどで夫婦滝の男滝が目の前のポイントへ。
男滝。スケールあります!!そして、水流もあります😢
男滝と女滝。両方登れれば充実しそうです。
大移動して濁河温泉のはもずしエリアへ。
アプローチ至近のアイスゲレンデ、さすが!大盛況です!
お気楽なアイスクライミングと温泉を楽しみました!
気持ちの良い天気でしたー