メンバー:Y川L、K池

9/20(日): 十字峡5:30~本谷山11:30~越後沢中間尾根取付12:30~越後沢出合17:00(幕営)
9/21(月): 幕営地6:40~大利根滝13:50~策市平15:20(幕営)
9/22(火): 幕営地6:50~稜線10:20~十字峡15:10

9/19(土)雨
矢木沢ダムからカヌーで利根川本谷にアプローチし、越後沢中間尾根を下ってまたカヌーで戻ってくる計画だった。しかし矢木沢ダム到着後にダム内での1泊以上のカヌーの停泊が禁止されている事を知り、断念。十字峡からの山超えアプローチに急遽変更。
矢木沢ダムは晴れていたのに、車で新潟に移動した途端雨が降っている。この日は温泉でまったりし、十字峡の小屋の駐車場で朝を待つ。

9/20(日)曇り後晴れ
十字峡から登山道で本谷山まで。道は緩やかで歩きやすいが長い。曇りで助かった。稜線に出てから山頂までは道が笹に覆われている。山頂から越後沢中間尾根までも薄い藪で、思いの他時間がかかった。中間尾根は稜線の30mほど下から始まるため、ガスってると下り口がわからないだろう。尾根の上部は崩れやすい露岩で、下部は藪。末端に近づくほど踏み跡がはっきりし、懸垂無しで沢床に下りれた。越後沢と利根川本谷との出合いまで滝は無くジャブジャブ進む。出合いのテンバは本日は貸切状態。Y川さんの炊き込みごはん美味し、翌日の行動食用におにぎりも作る。

RIMG0001

9/21(月)晴れ
水量は平水と思われる。濡れるのを嫌い出来るだけへつる。ヒトマタギを一跨ぎ。オイックイに差し掛かると、出た!スノーブロックが右岸にへばりついている。反対側を急いで通過したが、少し経って背後からすごい音がしたので、このブロックが崩壊したと思われる。その後は連続して9つの雪渓が現れ、全て下を潜り抜けた。その多くは薄く、両岸に穴が開いて光がさしているいかにも頼りない雪渓だった。最後の2つは長く真っ暗になり、うち1つはワンポイント泳がなくてはならなかった。水が冷たいが夢中で走り続け、裏越後沢の出合いに辿り着いたときはこれで一旦終了とホッとした。

4つ目。走り抜けた。

西俣沢出合いまでは順調に進み、7m2条魚止めの滝を右岸から高巻いた。懸垂で沢床に戻る時2パーティに出会った。この直後からゴルジュを抜けるまで、またしても雪渓を何度も潜ることになった。
大利根滝20mは水流右側をY川さんリードで1ピッチ。残地ハーケン2つ。ハト平には4-5人テントが2張りできそうな立派なテンバがあった。まだ時間があるのでその先のゴルジュを抜け、策市平で終了とした。ここも幕営跡あり。
早くから焚き火をして、十分に服を乾かした。星がすごい。

8:35 深山滝20m。水流の右を直登。

9/22(火)晴れ
小滝群を超えてぐんぐん行く。人参滝15mは左岸が簡単に巻けそうに見えたが途中で悪くなり、そこからY川さんが先行してロープを出した。深山滝20mは右側を登る。易しいが念のためロープを出した。あと2つ滝を超えると源頭部。木苺を摘み、藪こぎ無しで稜線へ。稜線では先行Pがまだ休んでいた。このPは19日に入渓したが、増水しており大変苦労したとのことだった。
空身で大水上山山頂を往復し、秋の稜線の景色を楽しんだ。十字峡までの登山道にはブナの実がたくさん落ちていた。
(K池)

右が兎山、左奥が中ノ岳。