メンバー:A山L、T橋、T内、N村

天気:小雪~高曇り~霧~薄曇り時々お日様
駐車場:大丸温泉駐車場(無料)、すぐに登山道
時間:08時30分駐車場発 ~ 頂上12時30分 ~ 駐車場16時
 
 

 
 
・登山道~峠の茶屋~「こんなところに高山植物が」の看板手前まではトレースあり(駐車場で隣だった二人組がつけてくれた。この人達がいなければ脛ラッセル。
・「こんなところに高山植物が」の看板手前の適当なところから、朝日岳東南稜取り付き近くの堰堤めがけて下る。
・東南稜には雪は少ない。雪を繋いで登ることも、ノーロープで岩を登ることもできる。岩は粘土質?アイゼンで削ることが出来る。
・「門」を右側にトラバースしたところに懸垂ポイント。支点はしっかりしている。
・N村はトラバースせず、ロープを出して「門」を果敢に直登!3mくらい?
・ギャップを懸垂で降りる。5m程度。そこからの登り返しは雪も付いており、ノーロープ。
・この後も、稜線は岩が露出しており、岩場を登ることもできるし、雪を繋ぐこともできる。
・頂上直下の一枚岩のスラブ状になったところは、安全のためロープを出す。10m。残置ハーケンあり。リードのT橋は弱点を突いて登る。(私T内はへっぴり腰…)
・山頂からの下降路に難儀!前日及び当日朝からの降雪で、「一般道」のはずが、かなり傾斜が急なトラバースになっていたため、戸惑って行ったり来たり。
・稜線は雪はないものの、少しでも降りると脛~膝ラッセル。行きに来た道も、帰りは降り続いた雪のため、トレースが消えていた。
 
12745717_982878151806536_1811421556673141834_n

12729024_982878418473176_3600115912485423436_n

12742720_982878695139815_4252414037700555337_n

12741901_982879048473113_2450071861700716820_n