メンバー:Y川、M中

当初は19日入山で20日登攀、21日下山で計画したが、19日が雨となり一日ずらして21日登攀する計画にした。実質1泊2日の主稜計画であったが、22日の朝までに連絡が取れるところに居れば何とかなると言うことで、計画を実行した。

大谷原の駐車場にはたくさんの車が集まっていた。この内何組かは北壁に行くはず。私の知り合いのJECCは1泊2日の予定で主稜に来ていた。

20日 晴れ
大川の渡渉のためにゴム長靴を用意した。これが、大当たりで3回の渡渉で楽をした。すでに先行パーティーがいて、トレースがばっちり着いていた。ワカンが要らない感じだったが、他パーティーへの礼儀として、ワカンを持つことにした。

RIMG2314

私は結局天狗の頭まで、アイゼンなしで行った。1時半着。すでに、単独の人、名古屋の2組、女性の居るパーティーと我々とJECCの計6パーティーが頭にテントを設営していた。このうち、名古屋組は中央ルンゼと氷のリボンへ、主稜組は3組いることが分かった。
ところで、M中さんがくの字雪渓を下って、カクネ里からアプローチしたいと言うことで偵察に行く。しかし、ガリガリの斜面で真っ暗な中を下るのは嫌な斜面と言うことが分かった。私自身は最低コルからトラバースしてアプローチを試みたかった。一度、恐怖のトラバースを経験しておきたかったことがある。北壁に行く他のパーティーはみな最低コルから行くらしかった。結局、M中さんも渋々最低コルから行くことで同意した。

RIMG2338

21日 晴れ
ヘッデン点けて急斜面をトラバースするのは嫌だったので、少し明るくなったころ動こうとした結果、我々がもっとも遅れをとってしまった。すでに、他のパーティーは4時すぎには行動していた。我々はもたもたして5時半最低コルにいた。
他パーティは先に行って見えない。トレースを頼りにトラバースする。表面は固く、ダガーポジションで緊張する。どうも、トラバースするトレースとカクネ里まで下りているトレースがある。我々はトラバースを続けたが、あとあと考えると、カクネ里まで下ってしまった方が良かったのではないか思った。斜面がどこまでも急で恐ろしい。はやく、スノーコルまで着きたい一心でトラバースを続けた。
M中さんが遅れ気味になる。2時間トラバースしてスノーコルに着いた。左に氷のリボンが見える。一組のパ-ティーが取り付いていたが、氷が悪いらしく、リードが苦労していた。M中さんがなかなか来ないので、心配して戻ろう としたら、M中さんが現われホットした。結局氷のリボン組は敗退して、主稜の方に回ってきた。私がスノーコルに着いた7時半にはまだJECCのメンバーが主稜の3ピッチ目を登っているのが見えた。急いで、我々も登攀の準備をした。8時半。

RIMG2359

1P目はスノーコルの右手の氷の出ていない斜面をブッシュをつかんで、急な斜面を越える。

2P目は緩い雪壁。ただし、先行パーティーが堅い雪片を落とすので、たまらない。一度は比較的大きな奴がヘルメットを直撃した。

3P目 先行パーティーは氷瀑の右手の壁を登っていたが、私は氷瀑を直登した。30mくらいある。スクリューが2本しかないので、核心の手前だけランナーを取るしかない。核心はⅣ+くらいはあった。

4P目 リッジの右寄りの雪壁をトレースが続いている。ここでザイルを一旦しまう。

トレースを追って登り続ける。トレースは一旦、左に向かって,小尾根を回り込んで、雪壁を登っている。途中氷瀑が出てきて、M中さんをビレする。その後は、延々トレースを追い続ける。最後は草付きの斜面を登って、天狗尾根に出た。

RIMG2366

まだ、2時前。北峰まで急いで行って、M中さんと握手する。寒いので10秒もいないで戻る。
天狗尾根の下山を始める。途中、私が東尾根のトレースに誘われて、間違えるポカをする。M中さんが気づいてくれて良かった。天狗尾根は2回の懸垂があった。あとは急雪壁の下りありで、なかなか緊張する。なんとか、天場に4時半に戻り、テントをかたずけて下山の準備をする。バタバタと慌てる。それでも5時には下山を始めた。気温が下がっていて雪がカリカリで、楽な下山ではなかった。

途中からヘッデンをつけ、8時にゴム長靴をデポした場所に辿り着く。それから、雪道についたトレースを追いかけて、ヨレヨレになりながら、10時過ぎに駐車場に着いた。

反省)今回は壁の状態が良かったし、先行のトレースの恩恵にあった。1泊2日でも可能と思うが、その場合は4時に天場を出て、6時には取り付きにいるべきと思う。そうすれば、昼くらいには天狗尾根に着いているように思う。
また、最低コルからの雪渓の状態が良ければ(雪崩の心配がなければ)一旦カクネ里まで下ってしまった方が良いように思う。トラバースは気苦労が多い上に、それほど時間短縮になってないような気がする。

 天場    5:15
 主稜取り付き 7:30
 天狗尾根   13:50
 北峰     14:00
 天狗の頭   16:30
 駐車場    22:00

RIMG2370