北海道 知床五湖の氷瀑群 Kei’s Gift、ペセパキの氷瀑 アイスクライミング 2022/2/24-25

[メンバー] NG野(記)、との

2/24 7:20 R334交点ゲ-ト~9:20 知床五湖~11:00 234.5小ピークの南(荷物デポ)~12:00 下降路(やや迷う)~ 14:20 Kei’s Gift~18:00 登攀終了~19:20 234.5小ピークの南
2/25 8:00 234.5小ピークの南~9:30 下降路(大いに迷う)~12:15 ペセパキの氷瀑~14:10 登攀終了~15:30 234.5小ピークの南(撤収)~19:00 R334交点ゲ-ト

知床五湖の氷瀑群に行ってきました。
見上げる Kei’s Gift は、幅広で、巨大、圧巻でした。
4ピッチで登り、2ピッチ目が垂直で難しく、他は傾斜が緩めです。
ペセパキの氷瀑は、シングルピッチのこじんまりした氷瀑です。
形状が複雑で、思いのほか難儀する面白い氷瀑でした。

■2/24 Kei’s Gift

・Kei’s Gift アプローチ
234.5の小ピークから北に延びている尾根を、氷瀑寄りに下降しました。
氷瀑の脇に出て、崖になっている手前の立木に 60m+50m でロープをフィックスし、氷瀑を懸垂下降。
これで海岸の1段上くらいの位置まで降り立ちます。
ここからスタートしました。

懸垂下降中

・Kei’s Gift 1ピッチ目(との) 25m WI3
出だしは傾斜が緩く、バーチカルになる手前まで伸ばします。
見上げる Kei’s Gift の中間部分には、真横に亀裂が入っていて、亀裂が入っていない左側の氷柱に向かって左上しました。

出だしは緩傾斜

・Kei’s Gift 2ピッチ目(NG野) 50m WI5
亀裂の無い氷柱部分を登ります。
氷結はまずまず良好で、寒さもそれほどなく、大氷瀑を、良い状態で登れました。
傾斜が緩んだところでピッチを切ります。

2ピッチ目は垂直

・Kei’s Gift 3ピッチ目(NG野) 60m WI4
傾斜は緩み、大きな階段状になった氷瀑を登ります。
目一杯伸ばして、懸垂下降した立木の横くらいでピッチを切りました。

流氷をバックに登攀

・Kei’s Gift 4ピッチ目(との) 25m WI4
残りの大きな階段状の氷瀑を登ります。
ほどなく雪面にあがり、立木で終了。
フォローは、ちょっと悪い岩登りをして、懸垂下降に使ったロープを回収してから、氷瀑に戻り、最終ピッチを登りました。

大きな階段状の氷瀑

■2/25 ペセパキの氷瀑

・ペセパキの氷瀑 アプローチ
225の小ピークの西の北に延びている尾根を左手ルンゼを見ながら下降しました。
崖の手前、左手ルンゼに氷瀑の落ち口っぽく見えるところで、立木から崖を懸垂下降。
氷瀑のすぐ横に降り立ちました。

・ペセパキの氷瀑 (との) 30m WI4+
右上して、上部右奥を抜けました。
上部までは傾斜は緩い。
上部右奥は、ハング下から右氷柱に抜ける複雑な形状で、なかなか登り応えがありました。

ペセパキの氷瀑

関連記事

アーカイブ
TOP