メンバー:ぶな十名、他八名

毎年恒例の戸隠パウダーキャンプ、今年で11回目の開催。
RSSAの強力な新人さんも加わり、今回も存分にパウダーを満喫しました。

1/31(土) 佐渡山、黒姫南面、黒姫東面(計三班)

前夜に小屋入りするが、金~日曜まで悪天予報の為、難ルートは厳しめ。
翌朝も雪が降り続けていたので、中妻方面に行くのは止めて佐渡山と黒姫にそれぞれ分かれて滑りに行く。

大橋の駐車場は大盛況。RSSAのベテランも入山されている様子。(こちらのパーティにもRSSAのメンバーが計四名)
佐渡山のコルには中妻方面に続くトレースもあったが、今日のコンディションだと稜線に立つのはかなり厳しそう。
我々はコルから佐渡山ピークに向かう。

ピーク直下でピットを掘ると、多少の不安定性が観測されたので、直下のオープンバーンは回避してまずは稜線沿いを滑り、樹林帯に入ってから北面に落とすこととする。
細い板だと多少底付きはするものの、文句なしの雪質。各々雄叫びを上げながら約三ピッチであっという間にボトムへ。
シールを付けて再び稜線へ上がる。

2G9A2188
今度は南面の沢に向けて滑るが、例年より雪が多くて程よい間隔のツリーラン。
沢沿いの斜面を横切ると30~40cmの新雪層が切れ落ちる。
最後はだらだらとトラバースして黒姫南面ルートと合流。
黒姫南面組はルート的に(全体的に傾斜が緩い)少々消化不良な様子であったが、山スキー三回目の新人さんも含め、
一応稜線まで行ったとの事。

2G9A2194
小屋に戻ってからはみんなで鍋を囲み、自己紹介をしてからお待ちかねの活動報告会。
色々なネタ(報告に書けない)で盛り上がり、18~24時まで約六時間の長丁場。
skialpinist氏のトークショースライドは圧巻の一言。今回も大いに勉強させてもらいました。

2/1(日) 黒姫東面
黒姫高原スキー場-黒姫外輪-東尾根-スキー場

翌日も天気が悪いので、みんなで黒姫東面へ。スキー場トップに行くと既に多くの先行者の姿。
高速道路の様なトレースを進み、30人ぐらい抜いてラッセルトップへ。
先行者にお礼を言ってラッセルを交代しながら進む。
最終的に後ろを振り返ると、後続が40~50人程続いており異様な光景。
ラッセルは細板ではトップが出ず、完全にファットの独壇場。

黒姫外輪に到達してからは、稜線沿いを進み、夏道のある東尾根へ。
ピットを掘るとまあまあ安定しているが、かなりの深雪なので装備紛失には要注意。

2G9A2363sp
2G9A2380
二パーティに分かれて滑り始めるが、これまでに味わったことの無い様なドパウ。
フェイスショットならぬオーバーヘッドショットの連発で、転んでないのに顔が真っ白。
滑っている最中は尋常ではない浮遊感と降りかかる粉雪で訳も分からずただただ笑顔。

2G9A2393
2G9A2440
2G9A2415
急斜面帯が終わると、スキーヤーズレフトから他パーティが降りてきたので、こちらも負けじとガンガン滑る。
標高差約1000mをあっという間に滑り切った。

スキー場まではしばしフラットな雪原を進むが、シールなしでも大丈夫なレベル。
カフェテリアで合流するメンバー皆笑顔。
今年のパウダーキャンプも大成功でした。

2G9A2448