メンバー:N野、M藤

4/5(土) 晴れ~曇り、気温低め

06:10 赤岳山荘駐車場出発(前夜美濃戸口八ヶ岳山荘1F泊、早朝車で赤岳山荘駐車場へ移動)
07:30 赤岳鉱泉宿泊受付
08:20 赤岳鉱泉出発
10:30 赤岳主稜1ピッチ目取り付き
11:30 赤岳沢左ルンゼF1取り付き
16:30 赤岳沢左ルンゼ登攀終了
18:00 赤岳鉱泉着

IMGP2568
■赤岳沢左ルンゼ
文三郎尾根を登っていると、赤岳主稜の左側に大きな滝が見える。
それが、赤岳沢左ルンゼのF1。上部にもいくつか小滝が見える。
この時期に氷瀑が発達し、アイスルートとして登攀できる。

どうやら今日は凍っているようだ。よかった!
と、この時は思っていたが、このルート、悪かった~

赤岳主稜1P目のチムニーを登るとすぐ先にF1が見える。
急なルンゼを少し下ると赤岳沢左ルンゼF1の取り付き。

IMGP2572
・1P目(N野リード)
遠くからは立派な氷に見えたF1も、近くで見ると、薄氷、ツララ、すか氷。
スクリューは途中までしか入らない。
露岩脆く、カムが決まらない。
ランナーが取れず、ヒーヒー言ってると、足元のツララ崩落。
とにかくおっかない。
アックスを露岩のスキマにねじ込んだり、悪戦苦闘して、なんとかF1を抜ける。
ここまで、なんと、1時間、登高距離10メートル。
もうへとへと。

・2P目(M藤リード)
F2は5mくらい。ここも氷は薄いものの、快調に登れる。
朝から歩き通し、雪斜面の歩きの方がしんどい。

・3P目(N野リード)
F3は小さい。快調。
雪斜面歩きが疲れる。でも、おっかなくないのでいい。
この調子で稜線まで抜けたい。

・4P目(M藤リード)
雪斜面登り、岩稜帯の手前でビレー。

・5P目(N野リード)
F4はツララが着地しておらず登れない。
イヤな予感。
F4の右側の岩壁に取り付くが、やっぱり悪い。
岩の隙間をホジホジして、カムを突っ込むが、とても心配。
岩場の途中だったが、少し足場のいいとこに出たので、バトンタッチ。
ピナクル2点、ハーケン1点、アックス2本刺して、ピッチを切る。

・6P目(M藤リード)
脆い露岩帯を慎重にこなし、F4上部へ抜ける。
抜けると段々になっていて、ここには氷が付いてる。
やっとスクリューでランナーが取れる。
上部の核心はこれで超えたらしいが、時間はもう15時。
曇り空、気温低い、風が強くてとても寒い。
飲まず食わずだが、先を急ぐ。

・7P目(N野リード)
雪斜面を少し登る。
見渡すと正面と左側は岩稜帯。ルンゼは右に繋がってるように見える。
岩稜帯基部を右に進むと、岩場の切れ目があり、覗き込むと隣のルンゼが見える。
ここでいったんピッチを切る。

・8P目(M藤リード)
ルートに迷ったが、岩場の切れ目を超え、右にトラバース。
さらに右上するとそこが稜線で、赤岳頂上山荘のちょい下に出た。
なんとか抜けれて、ほっと一息。
氷薄い、岩脆い、ランナー取れない、大変なルートでした。

IMGP2578
4/6(日) 雪~曇り一時晴れ~雪、気温低め

■南沢大滝
日曜は中山尾根の予定だったが、天候不順なので、南沢大滝でアイスやって帰ることに。
南沢大滝は12月に行ったときより遥かに発達して、幅も広くなり、ぶっとくなっていました。
氷は堅めですが、段々ができていて、登りやすい状態でした。