メンバー:N島L、K田、Y田、N野、I

計画では、「末沢川~中先沢下降~岩井又沢下降」でしたが水温の低さに恐れをなし、末沢川のみの遡行となりました。
末沢川の美渓は秀逸おすすめの一本!!ただ下山に難ありです。

9/20
奥三面登山口(車デポ)7:40-(タクシーで移動)針生平8:40~8:50-山越えで末沢川出合11:00~11:20-川前沢出合手前BP17:00

9/21
BP6:00-大滝下10:15-大滝上(二俣)11:35-袖朝日BP18:00

9/22
BP6:45-西朝日岳10:15~10:30-大朝日岳12:30-角楢小屋17:00(角楢沢出合BP)

9/23
BP6:55-大石橋7:55-(タクシーで移動)-奥三面登山口9:00車回収

DSC00696
下山予定地に車をデポして針生平から山越えで末沢川に入渓。山越えルートは踏み跡は明瞭でした。
末沢川はとても美しい渓相がつづき、初日は難しい所もなく見て良し登って良しという感じです。
釜のある滝が多く水に浸かること多々あり、さすがに寒い。

DSCN6566
2日目からは少し登攀もあるが朝日連峰の渓谷としてはそれほどいやらしい感じもなく、楽しめる範疇ではないかと思います。
大滝はY田君リードで1ピッチ、登りだしのルンゼ状が少しいやらしい。5人なので全員が滝上に集まるまで時間が掛かりました。
ラッセルのようにトップを交代しながらの激藪漕ぎの中、日没と追いかけっこをするように袖朝日の山頂で18:00BP。斜面で滑って、寒くて寝られなかった人多数。

DSCN6611
DSCN6626
3日目は水温低いので沢下降はやめて針生平へ下山することに決め、また激藪と格闘すること数時間…
西朝日の一つ手前のピーク辺りから踏み跡もあり歩きやすくなった。袖朝日から3時間半でやっと登山道へ出る。(末沢川の詰めの藪漕ぎと合わせるとトータルで5時間半の藪漕ぎです!!)
登山道ってなんて歩きやすいんだろう、と思う。

周りの景色は丁度紅葉が見ごろでまるで神様からご褒美を頂いたようでした。
泊まるつもりだった角楢小屋に意地悪な釣り師がいたので角楢沢出合の河原に泊まる。

DSC00743
4日目、前日予約しておいたタクシーで車を回収しに向かう。

■データ
タクシー代 17000円×2回

携帯電波
金玉水の分岐からN野さんのソフトバンク携帯が通じがたauは×でした、ちなみに大朝日避難小屋はauも電波3本立ちました

温泉  
道の駅朝日みどりの里 まほろば温泉 500円

ガソリンスタンド
日本海東北道朝日まほろばICで降りた場合、深夜営業のガソリンスタンドはない。ちなみに村上方面にかなり戻るとある
(N島)