[メンバー] IK田(L)、F田(会員外)、A川(会員外)

すばらしい景色に、質の高いクラック。残置物も一切なく、やはり瑞牆のマルチは格別。

取り付き
Joyful Momentの取り付きの50mほど下部のバンドが取り付きになる。最初右に巻きすぎて小ヤスリ岩の取り付きに行ってしまった。戻って準備したらほぼ11時の遅めのスタート。

1P目(IK田)5.9
階段みたいなところを上がると、4m位のクラックが出てくる。1個だけカムをセットして抜ける。ハンドジャムは効くが、バランスがちょっと悪いか?後続のA川くんがここでフォール。ランナーをとっていなかったで、ちょっと振られてしまった。F田くんが戻って振られ止めをセットし、改めて登ってもらった。

2P目(F田)5.10b
見事にまっすぐなクラックが続く。ハンドサイズからワイドサイズに。ここで5番キャメを使う。見た目のキレイさとは裏腹にムーブはちょっと嫌な感じ。IK田はフォローだったのでレイバックで大きなムーブで行ったため気持ちよく登れた。リードじゃちょっと怖いかな。

3P目(IK田)5.6
大きな岩を上から回り込み、90cm位の幅のあるチムニーを降りる。ここはむしろフォローがフリーソロ状態になってちょっと怖い。

4P目(IK田)5.6
ピッチ調整でIK田が継続。ここもまたチムニーで始まる。右のルンゼをそのまま歩いて上がれるが、ここは余興みたいなものか。ランナーが一切取れず、ビレーなしで4,5mほど上がってようやく1個めのカムをセットできた。上部に詰めて大木でビレー。

5P目(F田)5.10a
瑞牆本だと、少しルンゼを上がるような絵になっていたが、実際はビレー点からそのまま上に上がればOKだった。中間部からはテラスの少し左のカンテから、さらに少し左側を登る。リードはルーファイで苦労した。ここでも5番を使った。

6P目(IK田)5.10c
出だしが核心。手で使うところにカムをセットしてしまいムーブがちょっと難しくなった。カンテを少し上がると、ハンドルみたいな枝がある。

使うとグレードが下がるかもと思ったが、カムセットのために使ってしまった。後でトポを見返すと、「ブッシュを掴んで」とあるので、これはOKかな。10cはクラックというよりフェースグレードな印象。

ここを超えると後は快適すぎるハンドクラックを10mほど上がる。ここはランナウトしても問題なし。終了点は残ったキャメ0.5-0.75で無理くり構築。トポにある#5は終了点にはちょっと下すぎるので使わないかな。

ピークからは瑞牆が一望できる。まだ肌寒い瑞牆の風に震えながら後続をビレーした。

下降
joyful momentの下りと同じ。洞窟の下をくぐってルンゼを降りると自然に取り付きに戻れる。取り付き15:30、思ったよりも早く戻ってこれた。

おまけ
時間があまったので末端壁へ、前回M藤さんと行ったときにマントルを返せずに屈辱的な敗退をしたが、今回はきっちりマントル返してやりました!
IK田アストロドーム再登○