5/14(土) 曇り のち 風雪
新穂高温泉7:45 → 槍平12:20 → 槍ヶ岳山荘15:30

平湯発の始発バスで新穂高入り。
前夜は平湯でゆっくり寝たので、すっきりした状態で出発できた。

チビ谷手前で運動靴から兼用靴に履き替える。チビ谷のものすごいデブリを過ぎ、
滝谷出合の先でシール歩行に切り替える。

槍平周辺までは沢が割れていたが、その先は雪で埋もれていた。
予想に反し、雪が降り始める中、カリカリの飛騨沢をクトーを装着して登り、
最後は風雪模様となる中を槍ヶ岳山荘に到着。
穂先の往復は、天候回復が予想される明朝に変更。早々に酒を飲み、快適に宿泊した♪

 

5/15(日) 快晴
穂先往復4:35~5:20 槍ヶ岳山荘7:05 → 天狗原 → 横尾谷右俣滑り込み地点8:45 → 本谷橋手前9:30 → 上高地14:15

予想通り夜半から快晴となった。
まずは夜明けとともに穂先を往復。その後朝食をいただいてから出発する。

日は当たっているが、槍沢上部はカリカリ。
慎重に滑ってから、天狗原に登り返す。
横尾尾根のコルから横尾谷右俣を覗き込むと、涸沢出合まで一応沢割れはなさそう。
平日に大雨が降ったため心配していたが、問題なさそうだ。
なによりも、右俣下部からスキーヤーが2人登ってきているのが見え、安心できた(そのうち一人は、高山の篠崎さんだった)。

のんびりしてから、滑走開始。雪は適度に緩み始め、快適。
本谷橋手前までスキーで滑れた。

その後は兼用靴で1ルンゼ押出出合まで歩き、そこで運動靴に履き替える。
あとは日向ぼっこをしたり、アイスを買い食いしたりしながら、のんびり下山した。