メンバー T城、A元

水上駅6:20発~成田山水上寺7:00発~11:40南東尾根1140m付近~14:30成田山下山

連日の雪で真っ白な街を抜け30分ほどで取付きの成田山。山行安全祈願して出発。
寺の裏手から尾根に取り付く(560m)が、早速新雪たっぷりでワカンを装着。
A元さんと膝下ラッセルを交代で進み、単調な樹林に飽きるころ尾根も痩せて小さな 雪庇が現れ雪深い山へ向かっていることを実感。(950m)

1000m付近で斜面が急になると雪も深くなり、腰の深さのラッセル。小さな雪壁状を A元さんが全身ラッセルで突破。雪が柔らかくて固まりにくく少し苦戦。
A元さんはラッセルが気に入った様子で、膝上前後のラッセルもヘッチャラで交代も 1時間ごと。

IMGP0570

ラッセルもお腹いっぱいになったころ、雪で展望もなくピークまで行く時間もないた め12時で引き返すことにする。
1150m付近の送電線先にラッセル好適斜面を見つけ、腰ラッセルの練習をして引き返す。
途中T城が雪庇を踏抜きバランスを崩す。来た時に雪庇を想定して立木際を歩いてき たがそのトレースから崩れた。

帰り際に雪庇の観察・踏抜きテストやちょっとしたロープワークをして下山。
それなりに積雪がありラッセルを楽しんだ山行でした。

IMGP0571