ルート:聖東尾根~上河内岳~茶臼岳~光岳~加加森山~池口岳
メンバー:T内H、M尾M、M原S一、A元A子

8/10
早朝発の新幹線で静岡。静岡からバスを乗り継いで椹島。
畑薙の登山届提出所で「聖岳東尾根」と言うと、「あそこは3人位帰ってきてないからね~、気を付けて行ってきてよ!」と言われる。
椹島に着いて、明日の取り付き偵察。巡視路№28は容易に見つかった。
椹島ロッジから赤石沢橋経由で約30分弱。この日の目的は達成できたので、ロッジに戻り、しっかり入山祝い。

8/11
5:30椹島、5:55東尾根取り付き、10:00冬ルートとのジャンクション
11:55白蓬の頭、14:15東聖岳、15:05奥聖岳、15:30聖岳、
16:20小聖岳、17:05薊畑、17:25聖平小屋

5時の朝食後、5時半歩き始め。昨日の偵察路をたどる。樹木に記された赤ペンキと岩に記された黄色ペンキに導かれジクザクをたどる。少し間隔が空いた所もありルートファインディングに少し気を使う。2100m付近の頭まで相当の時間を要し、この先の行程に一抹の不安がよぎる。
「でも、頑張って行くしかない!」とみんなで励まし合い歩を進める。
白蓬の頭からはルートも明瞭になり少し行程がはかどる。
奥聖へは少し尾根南側をトラバース気味に登る。この登りがこの日一番の難所。頑張って登ったところが奥聖。聖の山頂はもう目の前!
山頂で記念撮影後、最後ひと踏ん張りの二時間弱の聖平で幕。
そこはもうカラフルな都会のテント村。ビールで乾杯~!!

DSC00068

8/12
7:00聖平小屋、8:55南岳、9:40上河内岳、11:25茶臼岳、11:54仁田池
12:15希望峰、12:35仁田岳、13:55易老岳、16:30光小屋

迷う心配のない縦走路をひたすらたどる。でも、長~い!!
南岳、上河内岳、茶臼岳、希望峰、仁田岳、易老岳、そして、光小屋。
この日も10時間弱の行動。

DSC00152

8/13
4:25-5:25イザルガ岳にて富士山&ご来光
6:20光小屋、6:35光岳、8:47加加森山、10:50池口岳北峰、12:10ザラ薙平、
12:43利検沢の頭、13:15黒薙、14:05面切平、14:40林道(池口岳登山口)

4時起床でイザルガ岳でご来光を仰ぎ、テンバ戻り。最終日は光岳以降はまたまた破線ルート。今までの高速道からはやや雰囲気が変わる。踏みあとも不明瞭になり少し気を使う。しかし、聖東尾根ほどではない。

DSC00179

加加森山、池口岳を無事踏んであとはひたすら平岡目指す。
池口岳登山口ゴールは予定より1時間少々早い、2時40分頃。やったー!!
全員、足も体も120%使用オーバー状態。タクシーにて平岡駅。
駅ビルの「龍泉閣」で三日間の汗を流し、打ち上げ~!!!

8/14
飯田より高速バスにて帰京。