H明です。GW前半、剣のR4のアイスに行きました。

雪山のテントでチーズフォンデューなんて登山人生で初めていただきました。下山してからは温泉に入って富山でキトキトのお刺身三昧でした。期間中、山も氷も天気も良かったです。

 

夜行バスで魚津へ、M子車で馬場島へ・・と、出だしは調子よかったのでしたが、三回の冷凍激痛徒渉で悶絶!、下の二俣の先では急峻なルンゼを標高差200mも詰め上げてしまって、危うく早月尾根に出そうになるなど随分と苦労をさせていただきました。

P1020482

P1020487

DSC01215

軌道修正して広大な雪の池ノ谷をトボトボ登りますが、荷物が重過ぎて全員ヘトヘト~、それもそのはず、今夜のお料理はスイス式豪華具材のチーズフォンデュ~なのでした。

P1020513

でも、キラキラの水田と富山湾を眺めながらの昼からワインはとても素敵でした。その後もバカ話しに耽って延々と飲んだくれておりましたが、あのHくんから飲酒ストップ令が出たもんで渋々ながら寝ることになりました。

早朝、辛い辛い雪渓登り約2時間でR4出合いに到着。N野-M藤、H明-H-M子で登攀をスタートしました。なかなか悪かったり、戦慄のランナウトだったりでしたが、皆様とてもお上手なので無事に登攀を終えることができました。 そして、R2を下降。飲みた~い!一心で皆でテントに向かって池ノ谷を走り下りました。本日も富山湾を眺めながらの楽しい宴会となりました。

最終日は速攻で下りて、温泉に入って、富山駅近くの寿司屋で打ち上げをしました。ホタルイカ、シロエビ、ノドグロ、カキ、バイガイが旬で正しくキトキトで美味しかったです。(高かったです)そんなわけで、なにかといろんなことに恵まれた楽しいGW前半の山でした。

■2014年4月26(土)~28日(月)
■北ア 剣岳 R4 アルパイン・アイスクライミング
■H明、H、M藤、N野、M上(他会員)

以下は登攀の詳細です。
----------------------------------
①01pitch 55m
なかなか悪い。右トラバリの後のちょいとミックス壁が恐い。ハンドホールドが使える。薄い氷を登ってスクリュービレイ。

P1080778
②02pitch 55m
純粋な氷で中間部が垂直。後半の70度くらいの堅雪20mはランナウトする。眼下遥か下に池ノ谷が見える。ここもスクリュービレイ。

P1020574
③03pitch 60m
氷から堅雪、再び氷となるが、ピッチを切れそうな良い場所がないので伸ばしていたらザイルが終わってしまった様子。薄いビショビショ氷でスクリュービレイ。

IMGP2885 (2)
④04pitch 45m
傾斜が緩むが戦慄のランナウトになる。なかなか良いビレイポイントがなく10mほどクライムダウンした側壁のクラックにリンクカム三本を決めてビレイポイントを作る。

⑤05pitch 55m
全てノーピン。落ちたら飛ぶのでミス厳禁。丁寧に登る。側壁の岩にリスを見つけてアングルとイボイボに軟鉄重ね打ちでビレイ。

⑥06pitch 60m
雪壁から70度くらいの悪いベルグラの一枚岩~草付きとなる。ギリギリ伸ば
して頑丈な這松でビレイ。

IMGP2901
⑦07pitch 40m
雪壁のコンテでピークに立つ。剣の大展望を楽しむ。先行したN野-M藤パーティと合流。お決まりの握手&お疲れ様~。

⑧08pitch 30m
まだまだ転んだだけで死ねるのでザイルを出す。雪のリッジを少し歩いてから雪壁をクライムダウンする。這い松を束ねてビレイ。

⑨09pitch 40m
尖った岩のピナクルを登ってから急降下、リードよりフォローが恐い。ザイルが屈曲して動かなくなったのでフォローは前半をユマーリングする。

⑩10pitch 10m
R2のコルEの少し上の這松の残置支点までバックステップで慎重に下降する。

P1080798
⑪11pitch 60m(懸垂下降)
ラッペリングの後は歩ける程度の傾斜になる。ザイルが抜けなくて超大変だったけどHちゃんの荷重一撃で抜けたぁー!

P1080804

P1080803