メンバー:A山、H本(会員外)

昨年10月に訪れた奥又はうっすら雪が積もっていた。そしてすこぶる寒かった。Dフェースフリー目指したがとても無理。だから今年は行きたかった。
Dフェースフリー、またの名をフルハウス。しかしそこを登る夢は来年に持ち越し。今年は松高。

○全体印象
脆い。フリーに集中できない。

○アプローチ
奥又尾根からのガレガレのトラバース。終わったら雪渓トラバース。アイゼン必須。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
○ルート(デジマルはA山体感)
1P A山 Ⅱ 60m
北条新村の取りつきから20メートル降りたところにある支点からスタート。
先行の長野さんのビレイ点までノープロ。探せばあるのだろうが簡単なところを選んでいく。

2P H本 Ⅲ 30m
垂壁のっこし。H本さんは風邪で顔色わるかったが、ここまできたらと覚悟きめたもよう。

3P A山 Ⅲ 30m
垂壁に押さえられたら右上

4P A山 30m
松高ハングは左にガバが連続しエイト。
その上のほうが難しくナイン。
ただフォローのH本さんがつかんだフレークが40センチ四方で崩れたのでグレードかわったかも。(オイオイそれさっき使ってましたで~)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
5P A山 30m
松高テラスからの2mが101、あとはエイト
その後右上。いきなりハーケン連打のフェース現れるが簡単に右からまける。

6P H本 60m エイト
出だしの垂壁登ると傾斜おちる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
○デプローチ
ロープしまって、そのまま右まきで北尾根縦走路へ。一ヶ所30メートル懸垂あり。5/6のコルからまたまたガレ場を下る。4峰正面壁を上にみるトラバースで迷う。ここはK谷さんが下のほうの赤布見つけてくれた。
あとは池まで。テンバにつくや否やビール飲んだのはいうまでもありません。

以上、いつものとおり!天気のよい山行でした。めでたしめでたし。
(A山)