・メンバーT城L、N野

9/6(土)
9:30室堂~12:00剣沢~15:30熊ノ岩C1

9/7(日)
6:00熊ノ岩C1~7:50三ノ窓~10:00剱尾根コルB~16:15長次郎ノ頭~17:50熊ノ岩C2

9/8(月)
5:30熊ノ岩C2~8:00ハシゴ谷分岐~13:30黒部ダム(下山)

DSCF0220
・9/6(土)晴れ
室堂から熊ノ岩へアプローチ。今日も高速なN野さんについていくのが精一杯。
長次郎雪渓、N野さんはノーアイゼンで熊ノ岩まで登ってしまう。
雪渓は途中1箇所切れていて、右岸側の階段状の岩場を少し巻く。難しくはない。
夜、N野さんのザックからはいかにも重そ~な酒やらつまみやらがゴッソリ出てきて驚く!

DSCF0223
・9/7(日)雨のち晴れ
予報では夜~早朝雨のち晴れであったが、土曜日の夕方から降り出した雨が明け方になっても止まない。
天候待ちして6:00出発。周囲はガスっているが好転予報を信じて・・・。
長次郎谷右俣の雪渓は熊の岩から100mほど上までで終わり、途中小雨に降られながらも池ノ谷乗越から池ノ谷ガリーそして続く池ノ谷左俣源頭のガレ場を慎重に下り、途中の二俣からその先のガレた剱尾根R2を登り返し、ついに7月に敗退した剱尾根コルBにたどり着いた。池ノ谷左俣の雪渓は池ノ谷尾根末端の二俣よりも下からだった。

DSCF0242
さあて、これからいよいよ剣尾根の上半に突入するぜい!!
天気も回復してきて青空がのぞく。待ってろよ剣尾根の頭!

DSCF0248
テンションの上がったT城が上半最初のピッチを立候補。
フェイス混じりのリッジを右に左に、迷いながらも終了点。以後N野さんとコンテのまま進む。

DSCF0256
前半の割と早めに核心のⅢ級チムニーが現れ、N野さんリードで突破。その先はヤセオネと所々に壁があってルートに迷うことをも楽しみつつ剱尾根ノ頭そして長次郎ノ頭へ。ガスぎみで途中の展望はイマイチだったが、ご褒美は最後の長次郎ノ頭での大展望だった。

RIMG0592
長次郎谷左俣経由で熊ノ岩へ着いた時には夕暮れ間近となり、そのままC2。
夜、長次郎谷は月光に照らされ宇宙を近くに感じる荘厳な光景だった。

DSCF0268
・9/8(月)晴れ
長次郎雪渓を下りハシゴ谷乗越より黒部ダムへ下山。
帰りもN野さん早かった~!
薬師の湯を浴びてほどほどの時間に帰京。

RIMG0695
《コメント》
7月に目指した剱尾根~チンネへの継続登攀は、計画の稚拙さと荒天に阻まれ、行動半ばにして敗退しました。
具体的には、重装備での無理・無計画な登攀計画、天候判断の軽視が要因と言えるでしょう。
この経験を活かして、今回計画では一層の装備軽量化・ムリムダのない行程を心がけました。
剱尾根アタック日には早朝降雨があり7月の雨天敗退の二の舞がふと心をよぎりましたが、予報通り回復してくれたことで無事に剱尾根上半登攀を達成できました。
7月にご一緒いただいた”おやじオールスターズ”の皆さん、2度の剱尾根にご一緒いただいたN野さん、ありがとうございました。
いつか剱尾根下部~上部を1日でつなげてみたいと思います。
(T城)