[メンバー]

K岡

[行動経過]

ロープウェイ自然園駅8:50-船越ノ頭11:25-小蓮華山12:10-ドロップポイント12:40-白馬尻荘14:00-二股発電所15:30

[報告]

3月23-24日の荒天~冬型で雪はどうなっているのか。25日のThe Dayを信じて入山。

稜線は雪煙があがるが、自然園周辺は風下でポカポカ陽気。新雪30-40cm、その下に融解凍結層。

栂池自然園

南東向き斜面で小雪庇の下に幅20mくらいの破断面が見える。雪崩size1.5。

急斜面では、昨日の降雪中に発生したと思われるウインドスラブの比較的小さな破断面はあちこち見えた。

八方尾根

主稜線下では、融解凍結層ははっきりしない感じ。上では雨でなく雪が降ったのかも。

船越ノ頭で稜線に出ると、風が残っていて寒い。堅い稜線をクトーで進む。

雪煙の上がる白馬岳

ドロップポイントは緩傾斜のウインドスラブ堆積区。プローピングすると、10cmと85cmに堅い層があった。

滑り出すとすぐカリカリの斜面、200mくらい落とすとパウダー。雪はやや重いが安定している。

ノドでは足が持たずに、途中で左のリッジに乗る。

核心部のノドの上

シチュエーションは最高。標高が下がると融解凍結層がはっきりしてくる感じで、湿雪雪崩が発生。

ボトムからはややストップスノー気味だが、緩い大斜面を楽しんだ。

二股の1km手前まで滑りました。

シーズン後半でようやく一本滑れました。