メンバー:Y田L、S見

3/7
三国川(さぐりがわ)ダム8:10~10:40十字峡~12:00蛇崩沢右岸尾根取付~15:30桑ノ木山とネコブ山のコル(C1)

快晴の三国川ダムを出発。
2日前に単身、奥利根横断へ出発したM野さんのものであろうスキートレースを追ってダム湖沿いを進む。
十字峡までの県道が今回のルート内では一番悪く、ただの急斜面にエッジを効かせてトラバースするようなところもあった。もちろん落っこちるとダム湖にドボン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
発電所から下津川沿いの林道へ入り、蛇崩沢右岸尾根に取り付く。
雪はここまでずっと大して沈まずトレースを利用してもしなくても大差ない感じ。
1100m付近でM野さんのビバーク跡地を見送り稜線へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
桑ノ木山は野球できそうなくらい広くてのっぺりしており、山頂を探すのはめんどくさいのでやめて先を急ぐ。
台地っぽいところを一つ越えたところにある桑の木-ネコブ最低コルあたりの東側斜面にところどころ雪庇が出ているので、吹き溜まりを探して雪洞を掘る。
雪が堅くて掘るのに難儀したがまぁまぁの出来で、10年ぶり?の雪洞泊のS見さんから雪洞マイスター1級が授与されました(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
3/8
C1 6:20~8:10ネコブ山~10:30 C1 ~11:30林道~13:40三国川ダム

4時に起きて準備、ほとんど天井の下がってこない雪洞だった。明るくなるのを待って出発。
雪がちらつき、視界もあまりないあいにくのコンディション。尾根の傾斜が増すとアイスバーンとなりクトーを装着。塩見さん一部アイゼン使用。
傾斜が緩んだところで前衛峰をトラバースして山頂へ向かうが、ホワイトアウトでほとんどなにも見えずGPS頼りで進んでると山頂を見過ごすくらいだった。
シールを外して下山開始。雪洞まではほぼカリカリバーン。デボを回収して板を担いで桑の木山方面に登り返しトラバース気味に滑り出すが、ここでホワイトアウトのためリングワンダリングで逆方向に一瞬進んでしまい、慌てて修正。
あとは登り尾根までトラバースしてから登り尾根を滑走!だがだんだん雪が悪くなってきて(降雨のための濡れざらめ?)右往左往してると蛇崩れ沢に入ってしまい、あとは沢筋で林道近くまで抜けた。
ダムまで戻ると青空が…。
(Y田)