5/25(水) 快晴 のち 曇
須走五合目4:10→頂上8:30→御鉢周り→吉田大沢を350m滑降(10:35~45)→吉田口八合目10:50→頂上11:30~12:15→五合目13:35

早暁、五合目を出発。 予想通り、前日昼までの雨が山の上では雪だったようで、なんと駐車場からシール登高開始。 前日滑ったと思われるシュプールがついたブル道を快調に進む。

2900m付近からシートラし、アイゼン歩行で頂上まで。 御鉢周りの後、まずは吉田大沢を滑る。 雪質は堅くパックされた新雪で、所々モナカ状の所もあるが、まずまず快適。 3350m付近まで滑り、須走側にトラバースする。 後続パーティーがめっきり増えた頂上直下の斜面を、今度はシール&クトーで頂上まで登り返す。 さあ、今シーズン最後の滑り(に、なるかな?)だ。 吉田大沢と違い、所々氷化した個所が露出しているので、飛雪が溜まった個所を選んでターンしていく。 風があるので雪質が中々緩まず、若干滑りづらいが、高度が下がるに従い快適なザラメとなってきた。

最下部は雪解けが早く、朝よりもめっきり雪が減っていた。結局、2400m付近からは板を脱いで歩いて下山した。
たまたま前日に雪が降ったため多少増えたようだが、残雪量は全体的に例年より少なめ(6月上旬位か?)。