内容:富士山・須走口スキー
メンバー:M平 M亮

5/19(土)快晴

須走口五合目3:58→須走口(吉田口)頂上9:58~10:40→吉田大沢を3520mまで滑降→須走口頂上11:50~12:20→須走口五合目13:40

五合目駐車場からブル道を2250mまで登った後、左の沢状地形の残雪からシール歩行開始。
2750m~3100mおよび3450m以上でシートラした以外は、クトーを効かせて登る。
風邪っぴきなため、ゴホゴホ咳き込みながらの登高で、ペースが上がらない。。
昨年同時期の4割増しの時間を費やして、ようやく須走口頂上着。

予定では、お鉢周りの後に吉田大沢を途中まで滑降だったが、時間と元気がないので、そのまま吉田大沢に滑り込む。最上部はカリカリだったが、すぐパウダー気味となり、すこぶる快適♪
標高差200mほど滑った後、右側にトラバースし須走口斜面に戻る。
だるさを堪えながら頂上まで登り返し、のんびり休養後、須走斜面に滑り込む。

最上部はカリカリで、新雪が溜まった箇所を選んでターンを繰り返す。標高差200mも下るとパックされた新雪斜面となり、超快適♪下るにつれ今度は極上ザラメとなり、これまた快適♪
最後は沢状地形2350mまで滑ってから板を脱いだ。

(翌日も須走口&富士宮口上部滑降の予定だったが、風邪が悪化したため、やる気をなくして帰宅した。)

<参考>
・今年は雪が多いようだ。まだまだ楽しめそう♪
5/19日時点で目視で確認した範囲の雪線(滑降可能という意味で)は以下のとおり。
御殿場口:宝永火口上端
須走口:2350m
吉田大沢:6合目付近

・滑ってはいないが、お釜の中も雪はビッチリ残っていた。

・須走口五合目の小屋はGWからずっと営業中。てっきり休業中と思い込み小屋の脇にテントを張りっぱなしにしていたら、そこは小屋の駐車場だった。
代わりに、一番上の駐車場の左側(頂上向かって)の小さい沢を渡ってすぐの樹林帯に、小型テントを晴れるスペースあり(快適)。車ならわざわざ利用することは無いと思いますが。