○山域・ルート:八ヶ岳・阿弥陀岳北稜(美濃戸口からピストン)
○期日:2012/12/1
○メンバー L S山M彦、T塚M、T尾Y加(会員外)

05:00 小渕沢道の駅出発
05:45 美濃戸駐車場出発(林道に雪が無くてラッキーだった)
08:30 行者小屋を出発・・強風&視界不良のため阿弥陀岳へ転進
11:00 一般ルートから阿弥陀岳山頂、直後に偶然にもD介ーA山Pが南稜から登頂、全員で山頂写真に納まる。赤岳まで縦走しようか・・なんて話しながら下降中に晴れ間が出てきた。 ・・やっぱり、北稜やろう、ということで、D介Pと別れて
11:30 一般道からトラバースして北稜終了点から50m懸垂+30mで1ピッチ目取り付に下降。
12:10 登攀始めると、下からM尾P4人が登場、急に賑やかになる。
13:40 終了点で記念撮影・・今日の阿弥陀はぶな3パーティが遭遇。
14:50 行者小屋戻り、M尾さん達と別れて
16:45 美濃戸駐車場戻り・・11時間の長い一日だった。
17:15 小淵沢道の駅(解散)
18:00 韮崎駅(解散)

○コメント(S山)
・12月1日なのに真冬並みの厳しい寒さ、気圧配置で想定していたがやっぱり八ヶ岳は雲に覆われ濃い霧と雪と強風、赤岳主稜は断念した。視界不良と北稜へのトレースが無いため、ルンゼをラッセルして稜線へ一般道から阿弥陀岳に登頂、その後晴れてきたので、もう1回北稜を上り返した。

・先週三つ峠でアイゼントレをやった同行の二人にも、手袋の登攀と雪が詰まってホールドの取れない岩登りは、アイゼンの爪先で登る 基本が大切・・を再認識できたクライミングだったと思う。

・日帰りだったが、寒さ対応、視界不良、吹雪、晴れ間、ラッセル、デブリ、凍結ルンゼ、懸垂、登攀、行動食、テルモス、凍結路、など濃い一日だった。