メンバー:M島、O田、O木、E連、M尾、K口、O川

タイム 
24日 
8:25 弥平四郎登山口
8:45 祓川山荘
9:30~11:30 なめこ採り&偵察
    
25日 
5:40 祓川山荘
8:15-8:25 松平峠
10:00 疣岩分岐
10:20-10:30 疣岩山頂
11:15-11:25 松平峠
13:00-13:30 祓川山荘
13:45 登山口

・帰り道、西会津町から遠望。輝く連山が障壁のようにありました。
大日岳を中心に広がる白銀の殿堂、これを見られただけでも、飯豊を選んだ価値はあります。

ここ数年、向かいに二王子岳があって、深々と大きな尾根が頼母木や胎内の谷に落ち込んでいく巨大な臨場感を持つ”えぶり差岳”界隈を、まだ、雪に覆われ過ぎない風景に、味な荒涼求めて行っていました。今年は、冬のおとずれ早く早々に断念して、南のはずれに転進です。

初日、偵察のみとし、ぬくぬくの山荘泊。思わぬ”なめこ”の大量収穫。
転進の三国岳の計画も、疣岩まで行ければとの緩いメンタル。
とはいえ…翌朝は、ヘッデンで出ましたが。。
細雪で時々視界が悪くなる程度で、温かく概ね天気に恵まれて、10時過ぎには疣岩山に到着。三国岳から本山方面が厳冬の装いで望まれました。

登山口近くまで降りて振り返ると、晴れての疣岩山あたりが見えて…。
こういうのは、いいもんですね。
大満足の飯豊でした。

補足:林道ゲートを開けて頂いて、弥平四郎の区長さんには、お世話になりました。