奥秩父 笛吹川東沢乙女ノ沢 アイスクライミング
2013/2/23(土)

●メンバー
 S口・NG野

●行動概要
 前夜道の駅みとみ泊
 5:00 起床
 6:00 無料駐車場出発
 8:20 乙女ノ沢出合着
 9:00 乙女ノ滝登はん開始
 11:50 大滝登はん終了
 12:20 下降開始
 13:30 乙女ノ沢出合帰着
 14:30 乙女ノ滝再登・下降
 15:40 乙女ノ沢出合出発
 17:30 駐車場帰着

●山行報告
 昨年ぶなの会に入会した者同士でアイスクライミングに行ってきた。NG野さんが選んだ場所は笛吹川東沢乙女ノ沢で、入門的な易しいエリアらしい。
 前夜NG野さんと待ち合わせて、中央道を走り道の駅みとみで仮眠。
 23日は5時に起床。無料駐車場に車を移動して、6時20分出発。寒いけれどよく晴れている。アイゼンを履かずに歩き、2時間ほどで乙女ノ沢出合に到着。雪の上にずっとトレースが残っていたので迷うことはない。

乙女ノ滝全景

乙女ノ滝全景


○乙女ノ滝50m
 出合にかかる乙女ノ滝50mは一部雪に埋まっているようだ。想像していたよりも傾斜が緩い。装備はダブルロープ50mにアイススクリューは11本。
 今季からアイスを始めたというNG野さんはまだリードをしたことがないということで、まずは私がリードする。しかし、このあとの大滝ではNG野さんも余裕でリードしているのを見て、全く心配なかった。
 午前9時、乙女ノ滝登はん開始。傾斜が緩いので、片手でしっかりアックスを握っていなくてもスクリューを打てる。というよりノーハンドレストもできてしまう。私も久しぶりのアイスで、どれくらいの間隔でスクリューを打ったものか考えたが、結果的に5本ランナーを取った。
 滝の落ち口を抜けて、スクリューでビレイ支点を 作る。50mロープいっぱい。フォローのNG野さんががんがん登ってくるので、ロープを手繰りあげるのが忙しい。

乙女の滝をリードするS口

乙女の滝をリードするS口


○3段40m
 トポ図によると、この先に2段10mと易しい20mというのがあるらしいが、雪に埋まっていてそれと気づかないうちに通過する。途中に雪崩の跡がありその上を歩く。左岸の斜面から流れてきたらしい。やがて3段40mが現れる。これがその滝だと分かったのは、つぎの大滝を登ったあとのことで、思い返してみてあれが3段40mだったのかと気づいた。半分ほど雪に埋まっているので、どこがどう3段なのか分からなかったからだ。
 乙女ノ滝よりもさらに傾斜が緩く見えたので、ここではロープは出さずに各自さくさくと登る。抜けるとそのすぐ先に大滝80mが現れる。

大滝全景

大滝全景


○大滝80m
 この大滝も最初に見た時はこれがその大滝だとは思わなかった。傾斜が乙女ノ滝より緩いので、想像していたより易しそうだからだ。80mとなると途中でピッチを切らないといけないのだが、滝の横幅も広いせいか一見あまり高さを感じさせない。
 NG野さんのリードで大滝の登はん開始。ロープを出さなかった3段40mを除けば、NG野さんのアイス初リードとのこと。全く危なげなくロープを伸ばしていき、適度な間隔でスクリューを打っていく。ロープの残りが少なくなってきたところでスクリューを打ってピッチを切る。
 続いて私が残る2ピッチ目をリードする。2ピッチ目も50m近くロープを伸ばした。落ち口を抜けた先は雪が深く安定しているので、ビレイは肩がらみで済ませる。この 時点で11時50分。予定の大滝登はんが昼前に済んでしまった。

大滝1P目をリードするNG野さん

大滝1P目をリードするNG野さん


○下降
 想像していたよりもあっさり終わってしまったので、乙女ノ沢をさらに詰めて石塔尾根を越えて西沢渓谷側に下山しようかとも相談したが、当初の計画どおり登ってきたルートを下降して、余った時間で出合の乙女ノ滝をまた登ることにした。
 大滝は左岸側の木を使って懸垂下降2ピッチ。1ピッチ目も2ピッチ目も残置スリングのある木が使いやすい。
 3段40mでも右岸側の木を使って懸垂。
 乙女ノ滝では、右岸側にスリングが何本も巻きつけられてカラビナもある木があるのでこれで懸垂。

○再び乙女ノ滝
 出合に帰着したのは13時半。まだまだ時間があるので、リード&フォローで乙女ノ滝を再び登ることにした。
 まずはNG野さんがリードして私が続く。NG野さんの登りは、乙女ノ滝でも全く余裕だった。スクリューを打って懸垂下降。
 今度は私がリードしてNG野さんが続く。スクリューを回収して、先ほどの木から懸垂

下降後、乙女ノ滝をリードするNG野さん

下降後、乙女ノ滝をリードするNG野さん


○帰途へ
 荷物をまとめて、出合を15時40分に出発。17時半、駐車場に帰着。
 想像していたよりずっと傾斜が緩く易し過ぎた感はあるけれど、我々2人だけの貸し切り状態だったし、NG野さんもリードデビューできて、計画どおりこなせたのは良かった。