◆ 2010年2月13日(土)
◆ 八ヶ岳 峰の松目南西沢
◆ S山弥(L)、M中克哉
◆ 行動記録  
  7:00 美濃戸口~9:40 南西沢出合・BC設営~10:25 BC発~14:35 南西沢源頭~15:00 峰ノ松目沢下降開始~17:00 BC帰着
  
南西沢はウェブの記録が2件のみ、それも峰の松目沢と間違えて遡行しています。今回のように目標ルートとして遡行したのは我々が初めてなんじゃないでしょうか。
まぁ、その程度といえばそれまでなんですが・・・。
  
沢は明るく開けており、登って満足できる滝も今回は、五つほどありました。ただ、人があまり入っていない沢なので、荒れた原始性というか・・・落石や足場の崩れそうな嫌な感じはありましたね。

今回特筆すべきはスカ雪。腰までズボッとくる。
その対抗策としての「ハイハイ」。雪を踏み抜かないように手、ヒザ、つま先に均等に加重して慎重にハイハイします。
ハイハイしては滝を登り、またハイハイする・・・。遡行形態としては、
  20%=下部樹林帯のラッセル
  15%=滝の登攀
  40%=ハイハイ行軍
  25%=上部クラストした雪とガレ場
という感じでした。
それにしても弥くんのハイハイは速かったぁ~。
あまりの速さが笑えました。

吹雪いており、また疲れ果てていたもののなんとか源頭まで。下降は去年行った峰ノ松目沢。
「うひゃー、ことしは大きく育ってるねぇ~」と氷爆をナデナデしつつ、クライムダウン&懸垂でBCへ帰着。