M中です

万太郎本谷、万太郎オタキノ沢に続いて谷川3本目ですよ〜

谷川本谷です、ヒツゴー沢に行ってきました。ひさびさの朝焼けの川棚の頭いいですね!

尾根が高いので、朝、歩き出しは周り暗いわけですよ。見上げると輝く谷川南面、

まずそこがいい。

朝日に輝く幕岩尾根

朝日に輝く幕岩尾根

沢の性質的に、道迷いが殆ど無いので滝の登りだけ。その登りはワンポイント工夫、考えさせられるものが多いです。その意味では単独溯行向けかな。パーティーで行くとハイテンションのなかで登る面白みが紛れちゃう。一ノ倉入る前にヒツゴー沢といわれた意味がわかります。非常に面白い。

最後のゴーロも側壁など難しく登ればそれなりに楽しい。見渡せば爼倉、川棚頭、オジカ沢、中ゴー尾根、鷹巣沢源頭バットレス…、うおぉぉ、谷川おもしれぇ…ってなりますね、はい。

下山路は保戸野沢。エアリアの2時間はやはり1時間。それもぶな+雑木林の比較的明るい植生。安全かつ気持よく下れました。一回は下っておいてヘッデン下山カードにする。損はないです。

 

・メンバー M中

・行動

 0610 谷川温泉駐車場 − 0730 入渓 − 1150 登山道 − 1400 天神峠鞍部(保戸野沢入り口)

  − 1500 ホワイトバレー − 1520 谷川温泉駐車場

伏流から水流へ。最初から連瀑です

伏流から水流へ。最初から連瀑です

IMGP2541

IMGP2545

IMGP2558

IMGP2559

スラブなので釜が深い。いろいろ考えながら登ります。いいですね。

IMGP2562

IMGP2563

IMGP2564

カンテやらカラダ露出やらあれやこれやして登ります

IMGP2568

奥に見える滝だけ左を捲きました。

IMGP2574

源頭を見上げる

最後、源頭の二俣は中ゴー尾根のほうの左俣から水流がありますけど、すぐに消えてヤブになります。ここは枯れてても沢床の低く、開けた右を取るのが正解。

IMGP2581

IMGP2590

稜線に出て、万太郎谷を眺める

IMGP2593

お約束のオジカ沢の頭と爼倉

IMGP2594

下山は保戸野沢。天神平峠より

IMGP2596

ぶなと雑木林の明るい植生で歩きやすかった

おまけ

IMGP2598

おまけ ホワイトバレースキー場下の保戸野沢斜坑。 上越新幹線整備用の地下トンネル入口です。すごいよ〜、ガンガン音が響いてる。変な音や新幹線が通るとえらい衝撃音が響き渡る。 下山の昼下がり。ほぉ、っと得した気分になります。

(M中)