上越 某沢
メンバー:S藤L、M原、I嵐、S口、O村、A久、H光、S比、T内、S幡、F士、K寅

シーズン・インした沢遡行も、山菜に目が向かなければ楽しみも半減する。
今年も体験した山菜山行。収穫した種類も量も申し分なく、皆でいろいろな料理に挑戦。
たき火を囲み、おいしくいただきました。

1.png

【行動】
5/14(土)
行事化している山行だが、今年の雪解けは1ヶ月近くも早く、山菜も収穫する時期を失する恐れがあり、例年よりだいぶ早い計画となった。

林道に車を停め、フキ、イラクサ、ネマガリタケ、アザミ、ヤマブドウの芽などを摘みながらテント場に。テント設営後、沢靴に履き替え、収穫袋を肩にかけて目的地へ。数回の渡渉のあと急峻な泥壁で本格的な収穫作業に入る。
ウド、オオバギボウシ(ウルイ)を収穫。このほかタラノメ、イヌドウナ、ワサビも。クサソテツ(コゴミ)は収穫時期が遅かったが、わずかに摘むことができた。

IMG_3357

テント場に戻ってからが忙しい。収穫物の分類、泥を落とすなどの調理の下処理をした後は、テンプラ、お浸し、和え物、煮物などの各種料理に全員で挑戦する。
どの料理も新鮮この上なく、酒の量も予想を超えたようだ。

20160514_28_R

5/15(日)
揚げたての山菜天ぷらを盛った朝食は天丼。お土産のウドを収穫してから下山した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA