メンバー:M藤L、H田

摩利支天大滝を抜けて上部に詰めると、滅多に下まで繋がらない氷柱があります。氷結したとの情報を得て行ってきました。
めずらしいので簡単に報告します。

2/11 角木場の氷柱
思ってたよりコンディション良いです。
冷え込み強く、氷はガチガチ、パリパリ割れます。左側の氷柱から中央のハングを乗り越える難しいラインなどは歯応えあり。

2/12 摩利支天沢
強烈に冷え込んでいて、摩利支天大滝は超ガチガチ。


パリパリ割れる。各3本登ってからルンゼを詰めて上部の氷柱へ。
去年はまったく繋がっていなかったが、随分太く着地している。氷結状態も良好。



摩利支天大滝が2つあるような、一粒で二度美味しいアイスです。
寒気と固い氷で手が強烈に痛くなり辛いリードでしたが、無事OS。アイスはコンディション次第。氷が固いと数段難しくなりますね。
終了点からは、これまたバッチリ氷結したクリスタルタワーが聳えてました。次はあれかな〜。

(余談)
この滝の上部はA、B、Cの各ルンゼが摩利支天まで突き上げています。八ヶ岳にしては懐の深さを感じるアルパインチックな素敵なラインです。登攀者がいないのが不思議です。
ルンゼには氷も見えたし、腿〜腰ラッセルも楽しめます。また、阿弥陀北西稜の上部岩壁へダイレクトに詰め上げることも出来そうです。