湯の小屋温泉から林道を歩く。ゲートを越えてから登山道に入り40分くらいも歩いたろうか・・
私は久しぶりに被ったヘルメットで頭が痛くなってしまった。
・・車道を横切りもうしばらく行くと沢に降りることができた。
しばらくはゴーロを歩く。そのうちにナメや小さな釜を持った滝が出てきた。
どれもこじんまりとして、ロープが無くても越せる。
ここの岩は全然滑らないし、天気が良いのでとても綺麗で面白かった。
楽しく歩いたが、はやくも足元が覚束なくなって来る。
15時前に三の沢の手前辺りを幕場とする。久しぶりの焚き火は楽しかった。
深刻な腰痛の人と二日酔いの人がいて静かな宴会となった。

翌日はやっぱり腰痛が、ということで登山道に這い上がり下山することにした。
30分くらいで登山道に上がる。ちょっと藪で私はもうここで達成感を味わってしまった。
登山道から林道に出て、その後を林道を歩くか、隣の沢に降りて近道をするかで揉める。
結果は、ちょうど林道と沢の間にあったかつての森林軌道と思われる跡を歩き、最後は空中懸垂をして林道に出た。
最短のルートで下山できたのではないかと思う。

笠が岳の頂上には行かなかったが、もし行ったら2時間も藪漕ぎがあるのだという。
A子さん好みのルートである。今回は途中下山となり私は命拾いしたかもしれない。